記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビシュケクの中国大使館自爆テロ、次は中央アジア一帯に飛び火か?

久し振りに、宮崎正弘氏のメルマガから転載です。


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成28年(2016)9月1日(木曜日)
        通算第5014号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ビシュケクの中国大使館自爆テロ、次は中央アジア一帯に飛び火か
  中国の「一帯一路」妨害が目的。安定を破壊される恐れが強まった
****************************************

 キルギスへ行くと、「あの山の向こうはキタイだ」と吐き捨てるように言う。山岳地帯には遊牧民が農業牧畜を主体に暮らしており、中国の脅威を言いつのる。「キタイ」は厳密には契丹だが、ロシアでは「チャイナ」を意味する。
 その中国が傍若無人にキルギスに流れ込み、多くのプロジェクトを手がけたが、現地の雇用は殆どなく、労働者は中国から連れてきた。

 典型はタジキスタンで、すでに十五万人が労働現場にいる。まるで中国の経済植民地ではないか、と反感を抱く若者が目立つ。

 何時かは爆発するであろう、と予測されてきた。イスラム過激派は、この中央アジアの不満心理を掌握し、テロ行為に出た。
 次に予測されるのはウズベキスタンではないか、と言われている。

 ウズベキスタンも資源に恵まれているが、人口3000万人の大国であり、若者を吸収できる産業がない。175万もの若者はロシアへ出稼ぎに出ている。
 ウズベキスタンの貿易は一貫したロシアがトップだったが、昨年、ついに中国が貿易相手国のトップに躍り出た。

 四半世紀に亘ってウズベキスタンを統治した独裁的な大統領=カリモフが倒れ、集中治療室に入院しているが、はやくも次期政権への模索が始まり、現首相で後継がまとまりつつある(モスクワニュース、9月1日)。
「なによりも安定が優先」として、国内過激派の動きを監視している。

 ウズベキスタンにはしかしながらロシア軍の駐在はなく、ロシアとの国境も警備兵がいない。逆に言えば、このルートからISの潜入が容易である。

 事態の深刻化を認識したトルクメニスタンでも、ロシアへ軍隊派遣を含む軍事支援を要求した。米国にも兵器供与を要請した形跡がある。
トルクメニスタンはシリアで敗色が濃くなり、リビアの秘密基地を破壊されたISが、次の隠れ場所として狙っている。
(以上)


宜しかったら、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。