記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李克強・中国首相がカナダ訪問。 逃亡犯引き渡し協定を締結迫るが、カナダ政府が難色。

 李克強首相がカナダ訪問。その狙いは 逃亡犯引き渡し協定を締結迫るが、カナダ政府が難色を示す。

 中国の李克強首相はパキスタン訪問のあと、NYへ飛んで、国連で演説し、安倍首相とも簡単な面談のあと、9月22日にカナダ入りした。

 カナダのマスコミ論調は歓迎色ではなかった。
 「中国は人権を無視しており、法制度はカナダとは異なる。死刑を実行している(野蛮な)国であり、『犯人引き渡し協定』を中国と締結するなど、人権を尊重してきたカナダの国是に反する」

 実際に、李克強首相の訪問は、この条約締結が第一の目的である。
 猛烈な反対がカナダで起きているが、中国首相の訪問で、親中派トルードー政権は中国の申し立てに応じて「犯人引き渡し協定」に署名するかも知れない。
 実際に金融犯罪、とりわけマネーロンダリング、外貨持ち逃げ容疑などで、カナダに潜伏している中国人はおよそ百名。中国が国際手配した「容疑者」である。

 中国はさきにスパイ容疑で二年間拘束してきたカナダ人のケビン・ガラットを釈放し、カナダ政府にあからさまな取引を持ちかけた。あたかも中国が人道的配慮をしたようなジェスチャーである。

 カナダはすでに中国人の移民にあふれかえり、バンクーバーはホンクーバーと呼ばれ、豪邸は次々と中国人が買い占め、そのうえ、カナダからは大量の資源を輸入している。あまつさえカナダの資源企業を中国は買収し、いまや中国抜きにカナダ経済は成立しないという弱い立場にもある。


宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。