記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国による日本侵略の危機が迫っている。この記事を読めば、それが理解できる。(1)


昨日は、「中国人民解放軍NO2の氾長龍、ちかくスプラトリー(南沙諸島)を視察か」と言うタイトルで転載しましたが、氾長龍が視察に至るまでの流れを、特に昨年末頃から時系列に沿って東シナ海、南シナ海での中国の侵略状況をまとめて見ました。
これを理解することによって、中国のこの地域に対する今後の方向性や目的が見えて来ます。

中国のバブル経済崩壊によって、中国はどこに向かって進むのか?それは中国の歴史を見れば答えが自ずと出てくる。
中・韓の政治・外交の仕方は基本的には同じである。国内で難問、混乱が起きた時は、その国民の目を外に向けさせて、その間に強権を使って鎮圧するのである。バブル経済崩壊後、中国軍は南シナ海に向かうのか。尖閣諸島を含めた東シナ海にむかうのか。台湾か。沖縄か。日本本島か。韓国か。北朝鮮に向かうのか。誰も知らない。習近平も知らない。何故ならば、軍事的触発が起きた所で戦闘が始まるからである。

2015年末頃からの中国の東シナ海、南シナ海に対する活動を見ると・・・
11月27日、中国空軍の11機の編隊が宮古島と沖縄本島の間の宮古水道上空を東シナ海から西太平洋に向けて飛行した。
勿論、日本の自衛隊は直ぐにスクランブルをかけた。H6型ミサイル爆撃機8機と情報収集機3機である。
このミサイルの射程距離は1500kmで上海から東京を狙えるものである。今回の飛行はグアム島攻撃の演習かも知れない。

12月22日ー25日、中国海警局は重装備の巡視挺を尖閣諸島周辺の接続水域に侵入させる。
26日には日本領海内に侵入。

2016年1月3日、海警局の巡視船4隻が接続水域に侵入。
 常態化しており、実効支配を狙っている。これらの巡視艇はフリゲート艦を改装し重装備化している。
 これは明らかに、侵略のエスカレーション化である。

1月27日ー2月16日、中国海軍の情報収集艦4隻が日本列島を一周している。
東シナ海から対馬海峡を抜け、日本海に入り、津軽海峡を通り、太平洋へ出ている。
2月4日ー8日にかけて房総半島を回遊。
2月16日、 九州の大隅海峡を通り、東シナ海へ抜けて行った。
中国艦隊が日本を一周したのは史上初めてである。日本海に入る事は今までにもあった。ロシア海軍との演習やウラジオストク親善訪問などが、その目的であった。

2月7日、 北朝鮮のミサイル発射実験があったが、この時、中国の情報収集艦4隻は房総半島沖にいたのである。
首都東京のすぐ近くにいたことになる。この行為は、自衛隊がどの様に行動を取るか、通信傍受をしていた。
つまり、中国は北朝鮮のミサイル実験の情報を既に知っていたのである。

1月31日、中国の情報収集機1機と早期警戒機1機が東シナ海から対馬海峡を越え、日本海上空に侵入。
これもまた、初めての事である。

日本の尖閣諸島領有以降、中国は日増しに、政治、経済、軍事、外交的に日本に対して圧力をかけている。有事の際には、在留中国人100万人に対する「国動法」発動の可能性。つまり、有事の際には日本国内の中国人は中国共産党の指揮下に入り、100万人のスパイが日本国内で暗躍するのである。

長くなってきたので、2部に分けて次回に続きます。


よろしかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

家庭連合は何を考えているのか?

韓国大統領選挙に興味なし、日本の参議院選挙(衆参同時選挙?)はどう考えどう行動するつもり?
クリスマスに清平にてお母さまに誓った内容はどうしました、救国救世を誓ったはずでしたが、やはり金・金・金ですか?

No title

kimuchinoaji 様
コメントを有難うございます。

家庭連合は困ったものです。救国救世を忘れ金を追いかけている様です。
中国が進出した、この様な時期には、嘗ての統一教会・勝共連合は日本各地で反共を叫んでいました。街宣車の上からマイクを持って叫んだり、会場を借りて演説したり、路傍で叫んだりしていました。
以前は共産党、社会党・・・・など左翼との体を張った戦いでした。また、行動保守は勝共がダントツでした。しかし、今は多くの若者が反中であり、受け入れ態勢が整ってきている様に思えます。前回の都知事選では田母神氏の様な超保守が60万票を取り、その支持層には若者が多かったです。(ここでは、田母神氏の事件には触れません)また、沖縄県は多くの中国人、韓国人(北だと思われます)、左翼が激しく活動しています。特に、70年安保を戦った年金に入った団塊の世代が多いです。私は今、国民世論を保守に変えるには絶好のチャンスだと思います。
そして、これをするのが勝共・家庭連合の責務だと思います。この時を逃せば、日本は中国に侵略されるでしょう。北朝鮮の崩壊まで2年であり、私は中国と北朝鮮は連鎖倒産すると思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。