記事一覧

7 追い出された顕進様--神山先生(4/8)| 審判回避プロジェクト』を読んで  シャボン玉のブログより

7 追い出された顕進様--神山先生(4/8)| 審判回避プロジェクト』を読んで  シャボン玉のブログより
 ■ 束草・霊界メッセージ事件に対する梁昌植会長の立場

       👇 ご覧下さい。 👇
http://yuun0726.muragon.com/entry/132.html


本文より一部引用
■澤田:上の方ってどなたですか?

□神山先生:お母様ですよ。そういう話がね、あるわけですよ。だから結局、お父様の指示、お父様の意向に沿ってないと、そのやり方に対してはね。その時は、國進様、亨進様はお母様と組んだ、組んでやった。しかし、そのことは今、國進様、亨進様はひと言も言わない。言えない、言ったら、お父様に従ってないということが明らかになるから。
 


全文を読めば、神山さんの思い込みだった事が分かります。三男派の皆さんは、神山さんの思い込みに翻弄されただけですね。
(狐狸庵)

シャボン玉さん 

それで面白いのは、神山先生や顕進様支持の方々からは
『お母様の指示でそうさせた。』というような話が出ているのですが、
読んでみると、あのお母様です。(失礼)

『お父様のみ言葉、 訓読会の時なども、お母様は誰よりも先に、
一番にさっさと席を立つ』と一般シックたちから陰口をいわれているお母様は、
この時も、文書を読上げる前からも『早く終えましょう』とか、
『決定など次にしたらどうですか?』などと数回にわたり言われています。

もし、お母様ご自身が計略されていたことを成就したいと思うならば、
きちんと決着をつけたいと思うのではないでしょうか? 

これも演技だとでも考えるのでしょうか?

お母様は知らない内容だったのかもしれません。
お母様が『早く終わってほしい』という思いを吐かれたときに、
お父様は『まだ蘇生だ。まだこれからだ。』というような内容を話しています。


2. 真の子女様たちの使命に対する真の父母様のみ言整理報告書
(参考:下記の内容は、束草事件以前にマリオットホテルの集会にて、お父様の指示事項を本人が父母様への報告書として作成したもので、3月8日、束草において孝進様のメッセージに続いて2番目に訓読された内容です)



すべての摂理機関の中心である家庭連合の(それは背を向けるから仕方がない。背を向けるから。末っ子や)摂理機関の中心である家庭連合の世界会長・亨進様を真の父母様の絶対権限によってご父母様の代身者、相続者として任命され、すべての真の家庭のご子女様たちの中でアベルとして祝福されました。

今回、万王の王、神様解放圏戴冠式を経ながら、三代圏確定のために亨進様家庭を真の家庭の代表として確定し立てられた土台の上に、信俊様を天正宮の主人として立てられて、韓国と米国における三回の戴冠式行事を通して、父母UNの土台の上に天の皇族圏の三代圏樹立を確定され、霊界と肉界に通報、発表されました。

真の家庭のすべてのご子女様たちは、年齢と職責を超えて、いまや真の父母様の決定を天命として受け止めなければならないでしょう。従って、これから真の家庭のすべての子女様たちは主要公的な行事がある時には、亨進様と相談し、亨進様を通してご父母様に出て行くという伝統に従わなければならないでしょう。仁進様、顯進様、國進様も、亨進様が確かに弟ではありますが、真の父母様の代身者として立てられた天の法度を尊重し、各種事案を亨進様に必ず報告、相談した後に、ご父母様に出ていかなければなりません。

第三に、次は世界平和統一連合と天宙平和連合に関する意見であられます。亨進様は、真の父母様の代身者、相続者として、真の家庭の中で最もアベル的な位相に立っていながら、同時に世界平和統一家庭連合の世界会長です。従って、韓国、日本、米国をはじめとする全世界の大陸会長、及び国家協会長は、亨進様の指示に従わなければなりません。

合わせて、外的摂理機関として天一国建設に重要な役割を果たさなければならない天宙平和連合は、顯進様が世界会長として韓国、米国、日本等、さらには全世界(これはカインの位置だ。カインの位置、外的な位置だ。内外が一つにならなければならない!)組織を司ります。同時に、家庭連合はアベル的な立場から天宙平和連合を助けて協力しなければならず、天宙平和連合はカイン格の位置でアベル組織を尊重し、大小様々な事柄を亨進様に報告して協議しなければならないでしょう。 



長文ですので、ゆっくりと食事を取り、コーヒー・ブレイクを入れながら、お楽しみ下さい。



神山さんの思い込みだった。と思う人はクリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!