記事一覧

【激震・朴政権】古参の最側近「3人組」も更迭で「朴槿恵式システム崩壊」 ・・・韓国崩壊、戦争への道。

【激震・朴政権】古参の最側近「3人組」も更迭で「朴槿恵式システム崩壊」 大統領の求心力低下、挙国一致内閣の動きも。
産経新聞より転載

 【ソウル=名村隆寛】朴槿恵(パク・クネ)大統領が友人の女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)氏に機密資料漏洩(ろうえい)したことを認め、自らを危機に追い込んだ朴政権。残り任期が1年4カ月を切り、事実上のレームダック(死に体)状態となっている。

 朴氏は10月30日、李元鐘(イ・ウォンジョン)大統領秘書室長以下、大統領府高官8人の辞表を受理し更迭した。この中には「大統領府の権力3人組」と称される最側近の李在万(イ・ジェマン)、チョン・ホソン、アン・ボングンの3秘書官がいた。いずれも朴氏が政界入りした1998年以降、常に朴氏をそばで支えてきたといわれる。

 「朴大統領が3人組がいない状態で政権運営ができるのか」(与党関係者)との声もあり、3人組の更迭を韓国メディアは「朴槿恵式政治システムの崩壊」と形容。朴氏の今後の国政運営能力を疑っている。

 朴氏の求心力が低下するなか、政界では内閣を与野党合意の上で構成する「挙国一致内閣」の動きも出ており、与党セヌリ党の指導部も10月30日、朴氏に組閣を促した。政権与党が大統領に閣僚任命権を放棄させ、一線から退くよう求めたも同然だ。与党の危機感はそれほど強く、朴氏が関与しない形で議論は進められている。

 すでに、黄教安(ファン・ギョアン)首相の交代は必至とみられており、セヌリ党内では挙国一致内閣の首相候補に最大野党「共に民主党」の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員会代表ら数人の名が挙がっているという。

 挙国一致内閣はこれまで野党が主張していたが、セヌリ党からの同内閣の提案を野党側が拒否。挙国一致内閣などをめぐる31日の与野党3党の会合も決裂した。野党側は朴政権の危機に乗じて政権与党を追い詰めるため攻勢に出ている。

 機密漏洩(ろうえい)で朴氏が国民に謝罪した際、朴氏の弾劾論も出た。今後、大統領弾劾に向かう可能性も十分あるが、韓国内はそんな余裕もないほど混乱している。

 韓国政府は「外交・安全保障のシステムはしっかり稼働している」(統一省)と、北朝鮮問題への非常時の対応など、維持すべき最低限の態勢には変わりがないことを強調している。
(以上引用終わり、産経新聞)




狐狸庵の一言

韓国の政治が崩壊しつつある。既に、経済破綻は目の前でIMF入りも時間の問題である。それに加えて外交は右往左往し事大主義を貫いている。軍部は冷静を保っているが、いつクーデターが起きるか分からない状態である。一般市民は危機を感じて国外に移住し始めているのが現状である。天運を失った国家の末路を見るようだ。
この状態は北朝鮮にとって、南進の好機到来と映るであろう。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!