記事一覧

朴氏疑惑を最も喜んだのは誰か? 崔順実で霞むもう一つのスキャンダル・・・・・・西岡力(東京基督教大学教授)

この西岡力氏の小論は大変重要な点を指摘している。今後の韓国を占う上で見逃すことは出来ない。
IRONNAより

 韓国政治が大きく揺れている。朴槿恵大統領の古くからの友人である崔順実氏が、民間人でありながら国政の機密文書を入手し、大統領に政策や人事そして服装などについてアドバイスしていたことが暴露されたことがきっかけだ。崔氏が廃棄したタブレットパソコンを入手した中央日報系のニューステレビ局のスクープ報道だった。

 ただし、今年初め、崔氏が実質的に支配するスポーツと文化振興のための二つの財団が突然作られ、その金集めに大統領府が協力したことと、2つの財団が朴槿恵大統領退任後の活動の拠点になるという疑いが報じられたことが、その伏線としてあった。批判を受けた2つの財団は、崔氏の影響力を完全に排除する形で再発足させられ、崔氏は娘とともにドイツに逃避していた。実は、崔氏一家が慌てて出国する過程で、ある人物に廃棄を依頼したパソコンが記者の手に渡ったのだ。

 大統領は会見を開いて大統領選挙当選後、就任するまでの間に、一部の機密文書を崔氏に見せていたことを認めて謝罪した。しかし、大手のメディアの暴露合戦が続き、野党だけでなく与党も大統領の「道徳性」を批判する中、政界、言論界で誰も大統領を守ろうとせず、支持率も10パーセント台に急低下し、政治混乱が続いている。

 ちょうど舛添前東京都知事のずさんな政治資金の使い方や贅沢な出張などが連日、暴露合戦で報じられていた状況とよく似た雰囲気が醸成されている。親北左派はもちろんのこと、従来からの朴槿恵支持派も「このような大統領を持って恥ずかしい」と憤慨している。

 ただ、報道で伝えられる朴槿恵大統領の違法行為は、大統領就任前に引き継ぎ段階で入手した外交や南北関係に関する秘密文書を民間人である崔氏に見せ、自身の演説などに対してアドバイスをもらっていたことが大統領記録物管理法や刑法違反になる可能性があること、また、大統領就任後、機密文書である大統領の日程を事前に崔氏に伝えて着ていく服などについてアドバイスをうけていたこともやはり同じ容疑がある。



 崔氏は外交や安保、経済政策についての専門知識を持っておらず、内政に関与したと言われているのは文化やスポーツ政策だ。報道によると彼女のアドバイスによって人事や予算が恣意的になって、彼女に利益を与えていた疑惑があるが、大統領の政治責任は重大だが、刑事責任を問えるかは現段階では不明だ。


 一方、この崔順実スキャンダルによって、野党の有力大統領候補である文在寅氏と北朝鮮の間のスキャンダルがかすんでしまった。実は崔スキャンダルが浮上する直前には、2007年盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議案の採決前に北朝鮮に意見を求め、それにしたがって前年に賛成していた同決議採決を棄権したというスキャンダルが噴出していた。

 当時外交通商部長官だった宋旻淳氏が最近出した回顧録によると、政権内で決議に賛成するか棄権するか対立が起き、大統領秘書室長だった文在寅氏が、2007年11月16日に行われた会議で、自分が外相でいる限り賛成しかないと主張した宋旻淳氏をおさえて、南北ルートで北朝鮮の意向を聞くという結論を出したという。外交政策について事前に北朝鮮に問い合わせをしていたという、当時の外相による暴露で文在寅氏は世論の批判を浴びていた。

 北朝鮮は、朴槿恵大統領が今年に入り、金正恩政権批判を強め、大量亡命を促したり、金正恩暗殺作戦の演習を公然と行うことを激しく非難してきた。朴槿恵大統領の今回のスキャンダルはまさに北朝鮮と韓国内親北勢力を、結果として利するものとなっている。


 韓国政治は、儒教的血縁主義の呪縛を脱することができず、歴代の大統領は保守、左派を問わず、肉親が不正で逮捕されてきた。全斗煥大統領は実弟と夫人の親族、盧泰愚大統領は夫人のいとこ、金泳三大統領は次男、金大中大統領は3人の息子、盧武鉉大統領は実兄、李明博大統領は実兄が逮捕されている。

 独身である朴槿恵にとって崔順実は肉親に近い存在だったが、彼女が逮捕された。同じことの繰り返しだ。権力が大統領に集中する中、公私の区別よりも身内最優先が当然という政治文化の中で、大統領に近い人物を周囲がほっておかず、大統領も最終的に信じられるのは身内しかいないという思考方式から脱けられないことがこの背景にあった。


 朴槿恵大統領の父である朴正熙大統領はそのような儒教的政治文化と激しく戦い、大統領府に親戚が自分の名前を語って不正をしていないかを監視する秘書官を置いていた。しかし、朴正熙大統領も母を北朝鮮のテロで失ったあと、娘である朴槿恵がファーストレディとして激務をこなしていることをみて、崔順実の父親が娘に接近して彼女を利用しておかしな活動をしているという報告を受けながら、それを厳しく取り締まることをしなかった。娘に対する甘さが今日のスキャンダルを生んだことになる。


 朴槿恵大統領は局面打開のため、盧武鉉政権時代に副首相と大統領府政策室長を歴任した大学教授を首相に指名した。しかし、野党は朴槿恵スキャンダルが来年末の大統領選まで続くことを内心望んでいるので、その人事に反対しているから、国会での承認が順調に進まない可能性が高い。憲法上、大統領は内乱罪など以外は訴追されないが、機密漏洩などについては検察の捜査に応じることが先ず必要だろう。

 一体、崔順実と朴槿恵の不明朗な関係が、どのくらい韓国の国益を害したのか、法律上の違法行為は何があったかを国民の前に明らかにした上で、与党を離党して、安保と外交、経済に専念し、来年の大統領選挙を公正に管理すると宣言するしか混乱を治める道がない。趙甲済氏ら保守派のリーダーはそのようにアドバイスしているが、崔順実氏以外に信頼する側近を持っていない大統領が、自身の法的、政治的責任を認め、退任後、逮捕されることを覚悟して、自己犠牲の上に政局を治められるかどうか、韓国の自由民主主義は正念場を迎えている。
(以上)




狐狸庵の一言

「西岡力氏の小論は大変重要な点を指摘している」と書いたのは、私が記した下線部分である。
つまり、今回の朴槿恵大統領のスキャンダルは大統領を貶めるために前もって準備をしていた野党による工作である。
勿論、それは北朝鮮と連携したものである。次期大統領候補・文在寅の犯罪を隠ぺいする為のものである。
それ故に、タイミングとしては絶妙であった。また、今年の夏ごろに前産経新聞ソウル支局長の加藤氏は韓国での軟禁中、韓国の検察に質問されて「どれくらい朴槿恵大統領のスキャンダルについて知っているのか?」と質問されたとインタビューで答えている。韓国の検察は既に長期間にわたって、朴氏と崔氏家族との関係を知っていたことになる。そして、この時期でのタイミングである。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村 




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!