記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 内閣総理大臣 安倍晋三 殿 並びに 内閣官房長官 菅 義偉 殿

ある方の安倍総理大臣と菅官房長官宛てへのメールです。


拝啓

内閣総理大臣 安倍晋三 殿
内閣官房長官 菅 義偉 殿

既に、11月も半ばに入り、今年も残すところ1ヶ月半となりました。
とは言え、安倍総理におかれましては、ロシアのプーチン大統領との重要な会談を控え、身を削り厳しい交渉をされており、一人の国民として、ただただ感謝申し上げます。
〇〇〇〇在住の〇〇〇〇〇と申します。もう〇〇〇〇国は何処も白銀に覆われてしまいました。12月に入れば、クリスマス・シーズンになり街は活気を取り戻します。

ところで、今回のメールでは「朴クネ韓国大統領の親友・崔順実氏の国政介入疑惑による混乱」について述べたいと思います。既に安倍総理は各種情報は入手していると存じますので、このスキャンダルの一部始終は述べません。ただ、私が危惧している内容を述べたいと思います。

端的に申しまして、この「朴クネ大統領と崔順実氏のスキャンダル」はある事件との関わりで、余りにもタイミングが良すぎます。このスキャンダルが浮上する直前には、「野党の有力大統領候補である文在寅氏と北朝鮮間のスキャンダル」がありました。実は、2007年、廬武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議案の採決前に北朝鮮に意見を求め、それに従って前年に賛成していた同決議案を棄権したというスキャンダルが噴出していました。当時、外交通商部長官(外相)だった宋旻淳氏が最近出した回顧録によると、政権内で決議に賛成するか棄権するか対立が起き、大統領秘書室長だった文在寅氏が、2007年11月16日に行われた会議で、自分が外相でいる限り賛成しないと主張した宋旻淳氏をおさえて、南北ルートで北朝鮮の意向を聞くという結論を出しました。外交政策について事前に北朝鮮に問い合わせをしていたという明らかなスパイ、国家反逆行為です。当時の外相による暴露で文在寅氏は世論の批判を浴びていました。

北朝鮮は、朴クネ大統領が今年に入り、金正恩政権批判を強め、大量亡命を促したり、金正恩暗殺作戦の演習を公然と行うことを激しく非難してきました。朴クネ大統領の今回のスキャンダルは、まさに北朝鮮と韓国内親北勢力を結果として利するものとなっており、韓国野党による「文在寅氏と北朝鮮間のスキャンダル」隠蔽工作だと言えます。

また、元産経新聞ソウル支局長・加藤氏の帰国後の証言にも「韓国検察から朴大統領と崔順実氏との関係をどこまで知っているのか。」と質問されたと言っています。
つまり、朴氏のスキャンダルについて、検察、野党は既に、何年も前から把握していたことになります。そして、今回のこのタイミングでした。

既に、野党は全国で反朴デモを行っており、このデモの状況次第では、朴大統領は辞任に追い込まれるでしょう。そうなれば、危機を感じた軍部のクーデターの可能性もあります。
大統領の辞任または弾劾裁判になれば、2カ月以内に大統領選挙が行われ、野党の勝利になる可能性が高いと思われます。
もし、文在寅氏の様な人物が大統領になれば、確実に「日韓合意」は破棄され、慰安婦問題は再燃するでしょう。(既に、私は以前のメールで日韓合意が出来ても、必ず韓国人は蒸し返すと申しました。)
私が理解する所では、「日韓合意」、「日韓軍事情報包括保護協定」、「日韓スワップ協定再開」は三点セットだと思います。また、「日韓合意」は戦争準備のためだと思っています。しかし、野党が政権を取れば、先の二つは破棄されてしまうのではないでしょうか。米国と合意したTHAAD配備も破棄されるでしょう。
しかし、「日韓軍事情報包括保護協定」は締結されれば、中国、北朝鮮に対して日米韓一体化を示す牽制にはなりますが、軍事機密情報が中国、北朝鮮に漏れることが危惧されます。

野党候補が大統領になり政権を取った場合、「日韓合意」の行方を見定め、「日韓スワップ協定」の停止、または長期間にわたる引き延ばしをした方が、日本の国益に適うのではないでしょうか。「日韓スワップ協定」は有効な対韓国外交カードです。

「中・韓スワップ協定」は2017年に満期を迎え、延長で合意はしているものの、中国はその規模拡大には難色を示しています。勿論、その理由は韓国のTHAAD配備です。
そうであるならば、韓国は米国に「米韓スワップ協定」の規模拡大を依頼するのが筋ではないでしょうか。
日・中有事の際、韓国は日本を支援するでしょうか?私は100%あり得ないと思います。
であるならば、朝鮮半島有事の際、どうして日本の青年の血を韓国のために流す必要があるでしょうか?勿論、北朝鮮に拉致されている日本人や韓国在住の日本人の救出は必要です。

最後に、北方領土交渉ですが、日本との領土交渉がロシアにとって、最後の領土交渉になります。その資料を後日送付したく存じます。
何卒、上記の件を調査、確認をして頂ければ幸いに存じます。
                                敬具

〇〇〇〇〇
2016年11月12日


宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。