記事一覧

最初に「創氏改名」を要求したのは満洲の朝鮮人でした。  午後のカフェ・オレより

最初に「創氏改名」を要求したのは満洲の朝鮮人でした。 午後のカフェ・オレより転載

     👇  こちらをクリック   👇
http://ameblo.jp/1234ac0429/entry-12216373328.html




狐狸庵の一言

朝鮮半島で「創氏改名」受付期間中に{1940年、(昭和15年)2月11日ー同年8月10日まで}届け出をしたのは朝鮮人の約79%でした。同時期に台湾でも条件付きの許可制で「改姓名」が実施されましたが、「改姓名」したのは3年間で約10万人(わずか1.6%)だけだったのです。ここに、台湾と朝鮮の民族性と環境の違いが表れているのです。
朝鮮には苗字のない「賤民」階級が30-40%もいました。その様な朝鮮人は、こぞって差別からの解放を望んでいました。
世界の大都市で、中華街がない街はソウルだけです。それは1000回も中国から侵略され、「中国人=侵略者」と遺伝子に組み込まれている様に、朝鮮半島ではたびたび支那人(中国人)と朝鮮人が互いに打ち壊しなどをする争いが頻繁に起こっていました。中国人には「朝鮮は中国の属国」との意識があり、そこで中国人に対抗したいとの願望から、朝鮮人から朝鮮総督府へ日本名を求める「要請」が殺到していたのです。

朝日新聞 中鮮版見出し、 1940年3月6日 「氏の創設は自由、強制と誤解するな、総督から注意を促す」

朝日新聞 中鮮版見出し、 1940年9月21日 「内地人式に変更、締め切り後にも出来ます、宮本法務局長談」とあります。


また、日本統治下の朝鮮半島内の治安は案外良かったのですが、満州地域では朝鮮人は苗字が無かったために、中国人によってばかにされました。その為に彼らは「創始改名」、つまり、二つ目の日本の名前が中国人と対抗するために必要だったのです。

もし、「創始改名」ー日本人名が強制だと言うならば、何故、自由な現在、何十万人もの在日韓国・朝鮮人は今でも後生大事に持っているのでしょうか?ここに矛盾を感じないのでしょうか?
在日韓国・朝鮮人の人々にプライドがあるならば、本名を名乗るべきである。
本名を名乗る人を誰が侮るでしょうか?



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村 







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!