記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”国破れて山河あり” とならないように・・・・・覚醒しよう・・・honkyouomotometeのブログから

”国破れて山河あり”  覚醒しよう・・・からの転載です

     👇   こちらをクリック   👇
http://honkyouomotomete.muragon.com/entry/248.html




狐狸庵の一言

”国破れて山河在り”の懐かしい言葉に惹かれて記事を書いています。
これは唐の詩人「杜甫」の作品であり、余りにも有名です。今でも、高校時代に買った杜甫や李白の詩本を持っています。
高校一年生の時に漢文の授業で学び、この詩が好きで暗記をし、口ずさんでいたほどです。
一時は、漢詩を創作するくらいに、のめり込んでしまいました。
この詩を読むと、哀愁、悲壮感、因果応報、諸行無常観を感じ、永平寺の山に登り座禅を組んだことを思い出します。

今、韓国は国家的危機を迎えています。勿論、日本もその巻き添えに会うでしょう。朴大統領が辞任すれば、60日以内に大統領選挙が行われます。北朝鮮は70年の壁を越える事はできないでしょう。私たち食口は単純に、北朝鮮が滅べば自然に天一国が来ると考えていますが、その滅び方、崩壊の仕方が重要です。ソ連が崩壊して民主主義が来ましたか?

金正恩氏が軍部によって暗殺されれば、次にその軍部が政権を取り独裁政治は続きます。その暗殺でも、中国が主導していれば、人民解放軍が北朝鮮に入り、金正男氏を立て中国傀儡政権が誕生するでしょう。米国が主導し暗殺すれば、米軍と韓国の合同軍が北朝鮮に入ります。その時、中国人民解放軍は黙って見ているはずはなく、必ず国境を越えて南進します。この時、韓国内の従北派は挙応し、国内で暴動になります。これにロシアが加われば第二次朝鮮動乱です。
暗殺が無く、北朝鮮軍が独自に南進すれば、在日韓国・朝鮮人が挙応して、昭和27年の「赤色革命」の様に日本国内で暴動を行います。この時、中国は北朝鮮軍を援助し、韓国全てを手中に収めるでしょう。同時に、台湾、沖縄へ侵攻します。この時、在韓米軍、在日米軍、沖縄米軍基地、三沢基地・・・などが重要な役割を果たします。それ故に、国動法発令で中国人、在日朝鮮人は米軍基地を攻撃するでしょう。
勿論、韓国政府の機能がきかなくなれば、韓国軍による軍事クーデターの可能性は高いです。
まだ、シナリオは幾つか考えられますが、これらは大きな可能性があるものです。ですから、今回の朴クネスキャンダルは国難に値するものだと理解しなければなりません。 この時、あなたはどうしますか?
その様にならない様に、杜甫の詩「春望」を送ります。



春望    杜甫 作   ( しゅんぼう    とほ )     

            
国破山河在     国破れて山河在り   (くにやぶれて さんがあり)
           
城春草木深     城春にして草木深し  (しろはるにして そうもくふかし)
           
感時花濺涙     時に感じては花にも涙を濺ぎ (ときにかんじては  はなにも なみだをそそぎ)
           
恨別鳥驚心     別れを恨んでは鳥にも心を驚かす  (わかれを うらんでは とりにも  こころを おどろかす)
            
烽火連三月     烽火三月に連なり   (ほうかさんげつに  つらなり)
            
家書抵萬金     家書萬金に抵る    (かしょばんきんに   あたる)
           
白頭掻更短     白頭掻かけば更に短く (はくとう かかけば  さらに みじかく)
            
渾欲不勝簪     渾べて簪に勝えざらんと欲す  (すべて  しんに たえざらんと ほっす)



 杜甫(712~770)盛唐の詩人。李白とともに唐代最高の詩人。


【通訳】 国都長安は戦乱のために破壊されてしまったが、自然の山や河は昔どおりに残っている。この城内は春になっても、草木が深く生い茂っているのみで、人陰すら見えない。自分はこのいたましい時世に感じて、平和な春ならば花を見て楽しいはずなのに、かえって花を見ては涙をはらはらと流してしまう。家族との別れを恨み悲しんで、心を慰むべきはずの鳥にも心を驚かされる。戦火は三ヶ月もの長い間続き、家族からの手紙もなかなか来ないので、万金にも相当するほど貴重に思われる。自分の白髪頭をかくと、心労のために髪の毛も短くなってしまい、役人が頭につける冠をとめるかんざしも挿せないほどになってしまった。



杜甫の詩が好きな人は、クリックを!


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。