記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ次期大統領トランプ氏による選挙期間中の対日発言のまとめ

「安倍氏は非常に賢い」 トランプ氏、過去の対日発言は
朝日新聞デジタルより

 安倍晋三首相とトランプ次期米大統領が17日午後5時(日本時間18日午前7時)から会談した。トランプ氏は大統領選中にしばしば、日本を批判するような発言を繰り返していた。その主な発言を振り返ると……。

●「安倍氏は非常に賢い。私も一度、会ったことがある。駐日大使は非常に重要なポジションだ。なぜなら日本と交渉しなければならない。米国には殺人者が必要だ。爆弾による殺人者でなく、賢い殺人者が。ケネディ大使は、日本にやられ放題だ。米国はビジネスの能力のない連中ばかり使っている」(昨年8月、アラバマ州モービルでの集会)


●「我々はもはや『世界の警察官』はできない。今や核の世界だ。恐らく北朝鮮も持っている。一体、日本はどうやって北朝鮮から自分を守ろうというのか。日本に(核を)持たせるというのはさほど悪いことではないと思う。米国にとって悪いことだとは限らない」(3月、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビュー)

●「日本は、米国に数百万台の自動車を送りつけている。米国は何も日本に送れない。この貿易不均衡をみてみろ。我々が牛肉を送ると、日本は受け取ろうとしない。米国は引き続き日本を防衛したいと思うが、常に打ち切る準備もしなければならない。なぜ、日本は(駐留米軍経費を)100%払わないのか」(5月、ワシントンでの集会)

●「米国は日本と安全保障条約を結び、もし日本が攻撃されれば、米国の軍事力を全面的に行使しなければならない。だが、我々が攻撃を受けても、日本は家でくつろぎ、ソニーのテレビを見ている」(8月、アイオワ州での集会)
(以上)



 トランプは安倍首相と異例の会談を持った。
政権発足前に外国のトップと会うことは、2000年以来の椿事。不文律はないが、就任前のトランプは国務省からのブリーフィングを受けておらず、ワシントン政界は強い懸念を抱いた。

 そこのところはしっかりと心得た安倍首相だから、トランプ次期大統領と一時間半に及んだ会談のあとに記者会見を開いても、「ふたりの会談の中味をいうことは差し控える」とし、同盟関係の確認と前向きの会談であったこと、日米の信頼関係を確認できたと語るに留めている。

 さて、驚きのニュースである。
 ワシントンポストによれば、選挙中トランプを鋭く批判して党大会もボイコットしてきた保守本流の大物、ミット・ロムニー(前マサチューセッツ州知事。12年の共和党大統領候補)が明日(19日)トランプタワーでトランプと会見する。
 しかもトランプ側近筋は「ミット・ロムニーに国務長官を打診する」というのだ。

 思い出すことが多い。
オバマは予備選でぎっしりと接戦を演じた政敵ヒラリー・クリントンを予測外の「国務長官」に指名して、民主党の宥和を図った。レーガンは政敵だったブッシュを副大統領とした。ブッシュは党内宥和のためタカ派のダン・クエールを副大統領にした。

 ミット・ロムニーは共和党保守本流の重鎮。もし彼が国務長官を引き受けるとなる、と共和党は挙党態勢へ一気に流れ出す。

 これまで国務長官へ名前の挙がったニュート・キングリッチ元下院議長は、記者団に「閣僚になるつもりはない」と語り、ジュリアーニ元NY市長も「司法長官にはなる意思はない」と言い、選挙本部長格だったクリス・クリステーは、内輪もめによって政権引き継ぎチームから去った。

 のこる有力者はジョン・ボルトン(元国連大使)とセッション上院議員くらいとなった。これまでの下馬評は、ここへきてガラガラぽんの様相をみせている。



宜しかったら、クリックを!


 にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。