記事一覧

朴槿恵「絶体絶命」 韓国大統領の末路がいつも悲惨な理由・・・・・AERA

朴槿恵「絶体絶命」 韓国大統領の末路がいつも悲惨な理由


 大統領やその周辺が、金銭まみれの事件に巻き込まれる国。韓国のそんな不名誉な連鎖は、今回もまた断ち切られることはなかった。

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領(64)が、検察から聴取を求められている。実現すれば現職大統領としては憲政史上初。
 親交があった崔太敏(チェテミン)牧師の娘で40年来の付き合いの知人女性、崔順実(チェスンシル)容疑者(60)=詐欺未遂容疑などで逮捕=への大統領府の文書の流出や、この女性が絡む不可解な財団の設立への関与が問われている。

●王朝時代の感覚いまも

 軍事独裁の時代に比べると縮小したとはいえ、軍事境界線が民族を分かつ分断国家・韓国では、大統領に多くの権限が集中している。人事ひとつとっても、最高裁にあたる大法院や憲法裁判所の裁判官、公共放送の韓国放送公社(KBS)の社長などは大統領が任命する。

 根強い儒教文化や朝鮮王朝時代の感覚も残り、国王と政治指導者の中間ぐらいに位置する絶対権力。韓国メディアは原則、大統領の日程を独自取材でつかんでも報じてはいけない。青瓦台(チョンワデ)(大統領府)担当の記者たちが作業する建物は、大統領が執務する棟とかなり離れており、詳しい動静はわからない。閣僚や官僚らは「VIP」と呼んで仰ぎ見る。

 だが、権力のあるところに利権は生まれる。最高権力者自身には難しくとも、家族や側近などに便宜を図ってもらおうとする人々が群がり、いきおい巨額の金銭が行き交う。これまで金泳三(キムヨンサム)、金大中(キムデジュン)、盧武鉉(ノムヒョン)、李明博(イミョンバク)の歴代大統領周辺の多くが、直接的な権限がないのに口利きなどで対価を得る、韓国独特の「あっせん収財」容疑で逮捕されてきたのは、そのためだ。

 朴氏は11月4日、国民向けの謝罪談話で、不正が起きないように「家族間の交流まで断ち切って孤独に過ごしてきた」と語った。両親を凶弾で失った朴氏には妹と弟がいるが、元来の折り合いの悪さもあり、徹底して2人と距離をとってきた。

●人間不信の孤独な朴氏

 その意味では過去の大統領のような轍を踏むはずはなかったのだが、今回の事件には、韓国大統領をめぐる構造的な問題に加え、朴氏の強い人間不信も大きく影響している。

 相次ぐ政治的な裏切りを経験してきた朴氏は、軍事独裁をしいた父、朴正熙(パクチョンヒ)・元大統領を慕う支持層を背景に、大統領への道を歩んできた。

 だが、国会議員時代から対面方式で多くを語ることは得意ではなかった。厳しい反対意見に遭い、険悪な空気が流れても、声を荒らげることなく、ひたすら相手をにらみつける。迫力に満ちた凝視は国会議員や政府高官から「朴槿恵ビーム」と呼ばれ、忌避されてきた。

 秘書官らの直接説明よりも、文書での報告を好んだ。どっさり積まれた報告書に目を通しつつ、大統領公邸で1人で夕食を取るといわれている。

 今は政権を出た元政府当局者は「大統領はとっぴな提案や判断をしたことがあった。でもまさか何の資格もない中年女性の助言に左右されるなんて。韓国はOECD加盟国ですよ」と呆然と話す。だが、もしもその「まさか」であったなら、何とも恐ろしい綱渡りというしかない。

 大統領周辺の不正の再発を防ぐにはどうすればいいのか。

 そのために何度も指摘されてきたのが、大統領権限の分散や再選を可能にする憲法改正だ。現行の大統領の任期は5年1期限りで、政権の後半は求心力の衰えが著しく、効率も悪い。

 最近の大統領選では、当選後の改憲を主張する候補が多い。だが、いざ就任すると看板政策から手をつけ、憲法問題は後回しになってきた。改憲を議論しはじめると、政権が求心力を失い、死に体になるからだ。

 朴氏は10月24日、大統領任期を見直す改憲を、自身の任期中に推進する、と突然表明した。だがその日の夜、韓国メディアが、崔容疑者が使ったとされるタブレット型端末の中身を暴露。朴氏の地位を脅かす国政介入疑惑が一気に持ち上がり、改憲の議論はあえなく消えた。(朝日新聞論説委員・箱田哲也)

※AERA 2016年11月28日号
(以上)



狐狸庵の一言

個人的には、朝日新聞は嫌いですが、たまには、基礎知識として、普通の事を言うので掲載しました。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!