記事一覧

中国地方政府債権も不良債権化の懼れ。  融資平台の債券発行はすでに27兆3000億円を突破

中国地方政府債権も不良債権化の懼れ。融資平台の債券発行はすでに27兆3000億円を突破。


中国はどうするつもりなのか、不良債権を平然と増やし続ける神経は?
 インフラ投資の継続が目的とされるが、期日の迫った過去の借金の借り換えをやっているだけである。
高利の利息を支払いつづけるわけだから、雪だるま式に債務が傍聴してゆくには火を見るよりも明らかだ。

 「融資平台」というのは、地方政府の企業体、つまりダミーである。
事実上、中国地方政府が債権を発行できない(上海特別市など特例を除く)ので、ダミーを設立し、銀行からの借り入れができないために、独自に「城投信」をいう債権を起債してカネをかき集めてきた。これら「融資平台」は中国全土に一万社が設立されており、その債券発行の推計は27兆3000億円を突破している。

 地方政府の債務は最低に見積もっても290兆円になることは楼財務相が認めている。ウォール街は中国の地方政府の債務を340兆円前後と推定しているが、これだけでも日本の国家予算の四倍弱。破天荒の額面である。
 彼らは財源不足を架空の投資話をでっちあげたりして、国有銀行に融資させ、焦げ付きが問題となると、理財商品という妙な投信を発行し、さらにはシャドーバンキング、街金。P2Pというネット上の金貸し。

 株式市場はパンクしてしまったため、証券会社に資金をぶち込んで暴落を防いできたが、これで新規上場の機能が失われ、上海株式市場というのは官営となった。つまり株価操作のギャンブル場と化けた。
近未来に中国版ブラックマンディがやってくるだろう。この大津波は日本にもやってくる。




宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!