記事一覧

中国人民元のIMF・SDR通貨認定以後、立場は後退 。「世界第三位の通貨は幻影、実体はカナダドルの後方に位置する」

中国人民元のIMF・SDR通貨認定以後、むしろ立場は後退し、「世界第三位の通貨は幻影、実体はカナダドルの後方に位置する。

 世界の通貨市場から人民元への過度の期待は消え失せた。
 米ドルの位置を代替する強い通貨になるなどと蜃気楼と期待とを錯覚した、中国経済への茫漠とした希望的観測はゆめまぼろしのごとく投資家の心理からも消えた。

 2016年10月1日、人民元はIMFに認定されてSDR通貨バスケットの正式な通貨に認定された。
 ところが失速が激化し、対ドルレートはずるっと下落を始め、あげくにFEDに利上げを迫るドナルド・トランプが米国次期大統領に決まるや、人民元の対ドルレートはまた下がって。貿易の停滞も手伝い、世界三位の通貨は、カナダドルの後方に喘ぐ。

 米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、カナダドル、そして第六位が人民元。要するに「国際取引ではほとんど使われない通貨」が人民元である。

 「人民元が米ドルに肉迫するほどの強い通貨となるには長い時間と歴史的なプロセスが必要である」とサウスチャイナモーニングポストはいささか自嘲的に書いた(16年11月27日)。
 「1894年にアメリカの工業製品生産が英国を抜いた。しかし英ポンドに変わって、米ドルが世界の基軸通貨の位置を獲得するまでには、それから半世紀の時間を要した。したがって数年以内に人民元が米ドルを凌駕するなどと考えるのは非現実的である」。

 とくに直近数ヶ月の人民元の下落は、国際市場で人民元の使い勝手がわるいことが証明された結果であり、また当局が人民元の買い支えをしている。その魅力は急速に薄れている。
そればかりか、ドル高現象がおこって、人民元はさらなる下落が避けられない。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!