記事一覧

【歴史戦】 中国外務省、 アパホテル「書籍」批判 愛国キャンペーン強化か

【歴史戦】 中国外務省、 アパホテル「書籍」批判 愛国キャンペーン強化か

 
【北京=西見由章】アパホテルの客室におかれた書籍をめぐり、中国外務省の報道官が日本国内の言論に対する異例の批判に踏み切った。今秋に5年に1度の中国共産党大会を控え、国内では歴史問題を前面に出した愛国キャンペーンで党や指導部の求心力を高めようとする兆しもある。

 これまで中国外務省は日本の靖国神社について「戦争を美化している」と決めつけながら一般国民の参拝には反対しない立場を示すなど、歴史問題に関しては政府や政治家と国民の間で一定の線引きをしてきた。

 この問題をめぐっては中国共産党機関紙、人民日報系でタカ派の論調で知られる環球時報が連日報道し、外務省報道官のコメントも同紙の記者の質問に答えたものだ。同紙が17日、ネット上で「中国による国家としてのアパグループ制裁を支持するか」とのアンケートを実施したところ、3万3千人以上が参加し、うち82.9%が支持を表明したという。

中国では海外への旅行者も多い27日からの春節休みを前に、複数の予約サイトでアパホテルの予約ができなくなっている。同サイト「携程」では18日現在、アパホテルを検索しても表示されない状態だ。

 中国の歴史教育をめぐっては、教育省が「抗日戦争」の期間についての歴史教科書の記述を8年から14年に修正するよう各地方に通知したことが判明。抗日戦争の意義を拡大し、共産党の貢献を強調する狙いがあるとみられる。

 一方、中国北京市の蔡奇代理市長は14日、人民代表大会(市議会)で今年の方針として「愛国主義教育を強化し、全民族抗戦勃発80周年の関連イベントを成功させる」と述べた。全国的にも同様の取り組みが進められそうだ。中国は抗日戦争の開始時期を1931年の「柳条湖事件」にさかのぼらせる一方で、従来の起点とされてきた「盧溝橋事件」の記念イベントも大々的に行うとみられる 
    (izaより転載)



狐狸庵の一言


考えて見れば、多くの中国人観光客がアパ・ホテルを利用しているのに、中国の対応は遅い。
アパ・ホテルのオーナーの元谷外志雄氏はれっきとした保守派の論客である。元航空自衛隊幕僚長の田母神氏を発掘したのも元谷氏と言って良いであろう。アパ・ホテルの懸賞論文で第1回目に優勝したのが、田母神氏であった。
4年ほど前に、娘の研究に付き合って京都に3週間滞在した。駅に近いのでアパ・ホテルに滞在した。
エレベーター・ホールに朝日新聞が山積みになっており、無料で読むことが出来た。それはそれで、便利だった。
部屋の中にも彼の著書が置かれてあった。私はその本を読み、久しぶりに感動した。相当、歴史を勉強された様子がうかがえた。
持って帰りたかったが、次の客のために残してきた。当時、ロビーには販売していなかった。
しかし、保守派の論客である元谷氏が何故、朝日新聞をホテルにおいて置くのか疑問であった。
帰国後、元谷氏にメールを送り、朝日新聞を全国のアパ・ホテルからの撤去を依頼した。私の依頼を聞いてくれたのか、朝日新聞を撤去された様である。謙虚な方だと感じた。
もう、長い期間、元谷氏は自分の著書を、自分のホテルに置いていたのである。昨今、中国人観光客は手ごろな価格のアパ・ホテルを利用してきた。
元谷氏は相当、反中に貢献しているのだろう。
これから、皆様もアパ・ホテルを利用されることをお勧めしたい。


宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!