記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朝鮮半島】 続報: 金正男氏、マレーシアで殺害 「女2人が毒針で」報道・・・韓国政府 遺体と対面

 続報: 金正男氏、マレーシアで殺害 「女2人が毒針で」報道
朝日新聞デジタルより転載

韓国政府「殺害されたのは金正男氏で確実」 遺体と対面


 故金正日(キムジョンイル)総書記の長男、金正男(キムジョンナム)氏が殺害されたことを受け、韓国政府は15日午前、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、対応を協議した。韓国は金正恩(キムジョンウン)政権による深刻な人権侵害のひとつとして、国際社会に更に強い制裁を呼びかける方針だ。

 黄教安(ファンギョアン)首相(大統領権限代行)は、NSCで「今回の事件は非常に重大だ」と指摘。北朝鮮の犯行と確認された場合、「金正恩政権の残虐性と反人倫性を示すものだ」として、マレーシア当局と協力して真相を究明する考えを示した。

 黄氏は韓国外交安保当局に対し、金正恩政権を根本的に変化させる措置を取るよう、国際社会に働きかけるよう指示。軍に、12日の新型ミサイル発射に続く北朝鮮の新たな軍事挑発に備えるよう命じた。

 日韓関係筋などによれば、マレーシア当局は正男氏の死亡直後、韓国政府に事件を通報。マレーシア駐在の韓国情報関係者が正男氏の遺体と対面し、身元を大筋で確認。14日にかけての最近の動静についても確認し、同日夜、日米など関係国に正男氏殺害の事実を公式に通報したという。

 韓国統一省報道官は15日午前の記者会見で「殺害されたのは金正男氏であることが確実だと判断している」と語る一方、「詳しいことは、関係国の発表後に説明したい」とした。

 ただ、15日朝現在、正男氏を殺害したとされる女2人の行方はつかめていない。北朝鮮メディアは同日午前まで、事件について報じていない。


 韓国政府は、正男氏が「白頭山血統」と呼ばれる北朝鮮指導者の家系である以上、正恩氏の指示や許可なしに正男氏を殺害することはできないとみている。

 韓国政府関係者は15日、「正男氏は既に亡命状態で、死亡によって北の体制に大きな影響はない。北も体制が安定しているからこそ、正男氏の殺害に踏み切ったのだろう」と語った。(ソウル=牧野愛博)
=以上転載終わり=



狐狸庵の一言


 直前にクーデター計画があって、それを察知した金正恩が金元弘(国家保衛相)を突如解任し、金正男の暗殺を急がせた。かく大胆な仮説をいうのはステファン・ブライエン(アジアタイムズ、2月15日)である。

 中国に事実上、亡命していた金正男は中国の保護の下にあってマカオに逼塞したが、密かにカネを届けていたのが張成沢だったことは広く知られる。2013年、これが発覚した張成沢は処刑された。

 中国としては対北朝鮮の太いパイプ役でもあり、張の処刑には憤慨したはずだった。
 それでも国連制裁に加わる振りをしながら、北朝鮮の核開発に手を貸し、食料と石油を供給し続けた中国は、金正恩のでかたを待っていた。

 米国は中国が北朝鮮をこうしたゲームの中で踊らせているのは、中国の代理役をいずれ担わせる腹づもりと読んできた。THAADを阻止するには、いずれ北朝鮮の暴走を中国は必要とするからだ。

 北朝鮮国内での軍事クーデタの動きと思われる動きはいくつかあった。
軍の反金グループは過去にもクーデターもしくは金正恩暗殺の動きをしており、この脈絡からと推定されるのが2015年4月の玄永岩(国防相)銃殺、16年12月の金養健(統戦部長)の「交通事故死」、金英哲(副首相)の解任。
そして2017年二月、つまり先週の金元弘(国家保険衛生相談)の解任である。
 いずれにしても情報閉鎖の国、闇は深い。



宜しかったら、クリックを!


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。