記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクープ最前線】 北朝鮮への先制攻撃、中国が容認情報 米軍「斬首作戦」決行か


「目指せ、怪傑黒頭巾」さんのブログに「 金正男暗殺は北指導部の“斬首作戦”を早めるか? 」があります。

その最後の方に「アメリカは昨年にいわゆる金正恩指導部を排除するいわゆる“斬首作戦=金正恩独裁体制指導部殲滅作戦”が想定され、訓練も行われています。
中国も去年の段階でこの「斬首作戦」を容認するとの未確認情報とでています。
【スクープ最前線】北朝鮮への先制攻撃、中国が容認情報 米軍「斬首作戦」決行か」
http://http://www.zakzak.co.jp/smp/society/foreign/news/20160928/frn1609281140001-s1.htm

この「北朝鮮への先制攻撃、中国が容認情報 米軍「斬首作戦」決行か」という記事を読んで頂きたい。

この記事は2016年9月28日である。当時、アメリカはオバマ大統領、韓国は朴クネ大統領であった。また、実際、朴大統領は
“斬首作戦=金正恩独裁体制指導部殲滅作戦”の実践訓練も行った。既に、準備は整ったのである。
しかし、優柔不断なオバマ大統領に加え、スキャンダルにまみれた朴大統領の下ではこの作戦遂行は困難である。
ここで、重要な問題は国内世論と国際世論による支援が必要なことであり、今回の北朝鮮工作員の「金正男暗殺」で斬首作戦遂行に有利になった。
そうすると、残るは決行日。即ち、Xデーとは何時かである。

現在、韓国内では韓国憲法裁判所が大統領の罷免の是非を判断する審理が行われており、24日に結審する。
しかし、その後の日程は不明である。
先日、私が投稿した「【朝鮮半島】 来月の米韓合同軍事演習 過去最大規模に・・・・最も金正恩暗殺に近い演習 」も読んで頂きたい。

3月の米韓合同軍事演習が過去最大規模になる。そして、“斬首作戦=金正恩独裁体制指導部殲滅作戦”決行は次期大統領選挙の前でなければならない。もし、野党従北候補が大統領に就任すれば作戦は阻止されてしまう。
そうなれば、この作戦は5年間は採用されずに、その間に破棄されてしまうであろう。
また、作戦が決行されるか否かは北朝鮮国境に配備されている人民解放軍や自衛隊の動向を見れば、もっと、明確になる。
個人的な意見を言わせてもらえれば、「米韓合同軍事演習期間」または、「演習終了宣言後の空白期間」が最も危険である。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。