記事一覧

 日米異常接近、国防長官につづき、国務長官が来日。秋にトランプ大統領   やっぱり北朝鮮で何かがおこるのではないのか?

久し振りに、宮崎正弘氏のメルマガより先生の意見を聞いてみよう。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)3月5日(日曜日)
         通算第5209号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 日米異常接近、国防長官につづき、国務長官が来日。秋にトランプ大統領
  やっぱり北朝鮮で何かがおこるのではないのか?
****************************************

 基本的な構造は「普通の国」になろうとする日本と、「普通の国」に戻ろうとする米国との微妙な関係変化、因果係数は経済ではなく、安全保障がポイントとなる。

 これほど頻度激しく、日米首脳が会談するのは珍しい。
 安倍首相はすでに二回、トランプ大統領とあったが、「異例の厚遇」というより「破格の待遇」だった。
裏に何かあると考えるのが普通だろう。

 マティス国防長官は議会承認を得るや、すぐに来日したが、こんどはティラーソン国務長官が来日する(3月17日)。
水面下では国防関係者が陸続と横田基地から防衛省へ。
 やはり何かある。それも北朝鮮で。

 ニューヨークタイムズによれば、オバマ政権下で、北朝鮮の核施設をサイバー攻撃する準備を整えていたという。
オバマ前大統領はトランプとの政権引き継ぎのおり、ホワイトハウスにトランプを呼んだが、「北朝鮮問題が、もっとも深刻であり、かつ政権が真っ先に取り組む問題となろう」と伝えているという。(3月4日付け)。

 朝鮮半島がきな臭くなった。
 マレーシアは北朝鮮大使の国外追放を決め、またヴィザなしの入国を認めない措置をとった。

中国は韓国のロッテが進出した中国のスーパーやショッピングセンターに些細な難癖を付け、罰金をとり、また店の前には抗議集会を演出させるなど強烈な嫌がらせ、また団体の韓国行きツアーを事実上禁止するという挙にでている。
 いずれもロッテが提供するTAHAAD基地への「報復」である。

 その韓国は大統領弾劾不在という異常事態、次期大統領は親北政権になりそうというのだから、軍事的空白が生じかねず、これまでの緊張緩和状態が一気に緩んでいるのではないのか。
以上



宜しかったら、クリックを!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!