記事一覧

亨進様は「自由のために戦った愛国者たち」の解怨をされ、お父様は天軍を組織されます。

亨進様は「自由のために戦った愛国者たち」の解怨をされ、お父様は天軍を組織されます。

2月19日と3月5日の礼拝が始まる前のアナウンスメントで、亨進様は先祖解怨の意味、内容を説明されました。
3月26日、2代王亨進様は「神側に立ったか否かに関わらず、自由のために戦った愛国者たちや政府によって殺害された者たちなど」の先祖解怨を行われます。

ご存知の様に、昨年、亨進様は10月30日に、「堕胎などでこの世に生を受けることが出来なかった子たち」を解怨された。解怨された彼らが善霊となり、11日後、トランプ大統領勝利に貢献しました。

26日の先祖解怨はこれから地上で繰り広げられる戦争に先駆けて、天軍の兵士の数の不足を補うためのものだと理解しています。そして、解怨され天軍の兵士となった者たちをお父様は率いて霊界においてサタンと戦うのです。
即ち、先例によれば、11日後の4月6日には神側は霊界において、戦闘態勢が完全に整う事になります。
そして、この霊界の状況が地上界に反映されてきます。勿論、戦闘態勢が整ったからと言って、直ぐに戦争が始まるわけではありません。

地上の状況はと言えば、2015年、オバマ政権下の米軍は北朝鮮の体制転覆を目指した「作戦計画5015」を策定した。
その後、「20年間失敗し続けて北朝鮮政策」は完全に終了し、「戦略的忍耐」の終焉をトランプ政権は宣言した。
そして、「斬首作戦」へ移行した。
これは、米軍特殊部隊が金正恩急襲、殺害と朝鮮人民軍司令部の空爆、核施設など約700ヶ所を精密誘導爆撃で破壊するものである。

先日の北朝鮮によるミサイル発射は北朝鮮自身が認めている様に、在日米軍基地を狙ったものである。
昨年の秋田沖250㎞に打ち込まれたミサイルは米軍三沢基地を標的としていた。
三沢基地には、地対空基地攻撃用F16戦闘機があり、F16戦闘機には「B61-11」という「地中貫通型核爆弾」(バンカーバスター)を搭載することが出来る。(バンカーバスターとは地面に突入して、地中で炸裂する地中貫通爆弾である。)
また、岩国米軍基地には最新鋭ステレス戦闘機F35が配備されている。

是非、三沢基地、岩国基地、佐世保、沖縄基地、立川・・・・・その他、米軍基地の近くに住むサンクチュアリ教会の食口は十分に気を付けて頂きたい。

現在、米韓合同軍事演習が行われている。期日は4月末までである。
嘗て、米軍は軍事演習期間中にグレナダ侵攻、パナマ進攻をして、当時の政権を転覆した過去がある。
今回も、その可能性は十分にある。
個人的な意見を言わせてもらえれば、米軍にとって4月末までの実行が最後のチャンスである。
5月9日の韓国大統領選挙で野党候補が大統領になれば、在韓米軍の撤退、THAAD配備を破棄、米韓軍事同盟の破棄となり、
米韓地上軍による北朝鮮攻撃が出来なくなってしまうのである。

韓国聯合ニュースによれば、4月中にもTHAAD実戦配備が行われるという。
北朝鮮による先制攻撃があるとすれば、THAAD実戦配備の前になり、米国の先制攻撃があるとすれば、THAAD配備の後になるであろう。
また、トランプ大統領と支那の習近平は4月6ー7日にアメリカで会談をする。北朝鮮攻撃の了承を得るのかも知れない。
米国の国務長官はロシアへ行った。
これらを総合的に判断すれば、米軍の北朝鮮攻撃は4月8日ー30日の間かも知れない。
あくまでも、私の推測である。
その前に、米国政府による「北朝鮮テロ支援国家」指定があり、韓国在住の米国人や日本人の国外退去があり、そのために、長嶺大使の韓国への帰任が必要になるであろう。



宜しかったら、クリックを!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!