記事一覧

【韓国滅亡】 半島有事の危機すぐそこに、 米政権内外で「予防攻撃」が頻繁に語られる

【古森義久の緯度経度】半島有事の危機すぐそこに 米政権内外で「予防攻撃」が頻繁に語られる
産経新聞、アメリカ通の古森義久氏の記事から


米国のトランプ政権にとって北朝鮮の脅威は当面、安全保障上の最大の危機として迫ってきたようだ。北朝鮮が核兵器と各種ミサイルの開発へとひた走り、無法な実験を重ねてきた歴史は長い。この数カ月、その好戦的な言動はとくにエスカレートしてきた。

 ではトランプ政権はどう対応するのか。政権内外で「予防攻撃」という名の下での軍事手段が頻繁に語られるようになった。

 ティラーソン国務長官は軍事行動を含む「あらゆる選択肢の考慮」を明言した。上院外交委員長のボブ・コーカー議員(共和党)が「米国は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を予防的に攻撃する準備をすべきだ」と述べた。

 上院軍事委員会の有力メンバー、リンゼイ・グラハム議員(共和党)は北朝鮮のICBM開発阻止のため大統領に予防的軍事攻撃の権限を与える法案を出すと言明。ウォルター・シャープ元在韓米軍司令官は、北朝鮮がICBMを発射台に載せる動きをみせれば攻撃をかけることを提唱した。

 1990年代から米側の対応策では軍事手段は断続して語られてきた。だがいまほど現実味を帯びたことはない。トランプ政権は歴代政権よりも確実に強固な姿勢を固めたようなのだ。

 政権内ではマクファーランド大統領副補佐官(国家安全保障担当)が中心となり、軍や政府の関連機関から具体的な対策案を3月上旬までに集めた。軍事手段も含めての多様な提案がいま国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長、マット・ポッティンジャー氏を実務調整役として検討されているという。

 トランプ政権内部の動きについて、これまで30年も米国政府内外で朝鮮情勢研究を専門にしてきたジョージ・ワシントン大学のラリー・ニクシュ教授に尋ねてみた。教授は現政権のアジア部門に近いとはいえ、あくまで外部からの考察の結果だと前置きして、以下の要点を明らかにした。

 ▽トランプ政権は北朝鮮の核武装とICBMの開発阻止のため、優先政策として中国に北朝鮮への石油輸出の全面停止など決定的な経済制裁を実施するよう最大の圧力をかけることを目指している。

 ▽そのためトランプ政権は当面の対中関係では北朝鮮問題が最優先課題だとみなし、中国が決定的な対北制裁を実行すれば他領域である程度の対中譲歩をしてもよいという構えがある。

 ▽ただトランプ政権は軍事攻撃案もかつてない真剣さで詰めており、最も現実的な方法は北朝鮮の北西部の弾道ミサイル発射基地などへのミサイルあるいは有人無人の航空機による限定的な爆撃案とみている。

 ▽核施設への直接攻撃は、核弾頭や核燃料の再処理・濃縮施設の位置が確認できず、山岳部の深い地下にあるとみられるため効果が期待できず優先されていない。

 ニクシュ氏がさらに強調したのは、トランプ政権が米側の軍事攻撃が必ずしも全面戦争にはつながらないという認識を強め始めたようだという点だった。

 これまでの軍事案はすべて北朝鮮の全面反撃で韓国側に甚大な被害が出るとの見通しで排除されてきた。だがトランプ政権下では拠点攻撃への北朝鮮側の全面反撃を抑止できるという見方が広まったというのだ。

 いずれにせよ、朝鮮半島有事の危機はすぐそこまで迫ってきた。日本の反応の鈍さが改めて心配になる。(ワシントン駐在客員特派員)
=以上=



狐狸庵の一言


アメリカ政府の言う「予防攻撃」とは実質的に「自衛のための先制攻撃」または、「自衛のための戦争」である。
果たして、「中国が決定的な対北制裁を実行」をするだろうか?もし、するとしたら20年前に実行していた。
中国は20年前も、今も同じ姿勢である。できれば中国の影響下で北朝鮮を緩衝地帯として置きたいのである。
中国はアメリカの影響下にある北朝鮮や統一朝鮮と国境を接したくないのである。
今月6、7日にトランプ大統領は習近平と会談し、アメリカが北朝鮮攻撃をした際、干渉しないように要求するはずである。
しかし、楊潔チ、王毅は既に、アメリカの要望を拒否し、干渉する旨を知らせた。
ここで、北朝鮮攻撃について、トランプ大統領と習近平の会談が成功しなかったならば、新たな局面に入る。
例え、習近平がアメリカの北朝鮮攻撃について干渉しないと約束しても、理屈を付けて将来反故にするであろう。
先日も書いたが、中国は「一石四鳥」を狙っている。
もし、会談が成功したら、その見返りは何か?南シナ海領有権の確保か?

最近、以前、お父様が朝鮮動乱が再び起きるとしたら、人間の責任分担もあるが、暴発する可能性もあると言われたのを思い出した。つまり、突発的に偶発的に起きるという事である。



宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!