記事一覧

【韓国消滅】 外務省の渡航注意情報、韓国で波紋 問い合わせ相次ぐ

4月6日に、私は「本当にバカな韓国政府・・・「格」が問題ではなく「核」が問題でしょ。」と題して投稿した。
記事を読んで頂ければ分かりますが、韓国政府の「バカ」さを揶揄したものです。
長嶺大使の帰任を理解、分析できない無能な韓国政府である。
状況を判断すれば、直ぐにも分かるはずである。私の様なボケ老人でも長嶺大使の帰任を3月中と判断した。(狐狸庵、3月13日の記事、「韓国の北朝鮮化が進む」 呉善花氏が福岡で講演「悪者は完全に潰すという国民性がある」後半部分)

安倍総理は自分と日本の面子、プライドを捨ててまで「在留日本人を無事に保護」するために長嶺大使の帰任を決めたのである。
しかし、韓国政府は自分の面子に拘り、黄首相を始め、各大臣は長嶺大使の面会を断り、情報を共有しなかった。
その結果、起きたのが今回の「外務省の渡航注意情報、韓国で波紋」である。
無駄な、無意味な混乱、波紋を起こした原因は韓国政府の無能さにある。先見性がないのである。
「外務省からの渡航注意情報」は日本の外務省で原案が出されるが、各国の事情に合わせて具体的な内容は異なる。
現地の大使館から直接に在留日本人にメール、ファックス、電話で連絡されるのである。
では、韓国では、誰がそれを指示するのか?在韓国日本大使の長嶺大使である。
現状を把握し、関係各国大使と関係を密にするのが韓国政府の責任ではないか。

朝鮮半島の近現代史はいつも同じことを繰り返している。朝鮮儒教の面子を守ろうとするために、状況判断を誤るのである。
面子は外交上大切である事は否定しないが、余りにも面子に拘り過ぎると状況判断を誤り、機を逸するのである。
面子以上に最優先順位に来るものがあるのである。今回の安倍総理の決断はそれを物語っている。
因みに、支那も面子の国である。
(以上、狐狸庵の一言) 



朝日新聞デジタルより、以下記事を引用
「外務省の渡航注意情報、韓国で波紋 問い合わせ相次ぐ」

 米原子力空母カールビンソンの朝鮮半島近海への派遣に加え、日本外務省が11日に渡航注意情報を出したことで、韓国で緊張が高まっている。在韓米軍に具体的な動きはなく、韓国政府も緊張緩和に努める方針だ。

 在韓日本大使館は12日、韓国に滞在、渡航する人に対して最新の情報に注意するよう促す海外安全情報(スポット情報)を出した。これを受けて、情報の真意をめぐって韓国市民や在留邦人から問い合わせが相次いだ。日本政府関係者は「事態の傍観を許さない空気に対応したもので、具体的な危険はない」と語る。韓国統一省報道官も12日の会見で「深く心配する必要はない」と強調した。

 実際、韓国在留米国市民に対し、米政府から国外退避などの指示は出ていない。韓国軍元将校は「退避には、道路や空港を管理する韓国の協力が不可欠。我々に相談なく、米軍が北朝鮮に軍事行動を起こすことはありえない」と語る。

 在韓米軍のブルックス司令官は6日、長嶺安政駐韓大使に安全保障問題のブリーフィングを行ったが、軍事行動に関する説明はなかった。12日まで追加の通知もないという。



宜しかったら、クリックを!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメント

韓国政府は本当〜に馬鹿だと思います。仰る通り朝鮮儒教から来るメンツ等でしょう。本当に朝鮮半島は南北共に馬鹿だと思います。政府が馬鹿という事は国民が馬鹿なのです!

私は、朝鮮血分けカルト統一教会の韓国人牧会者と韓国人相対者と生活して来て、韓国人の人間性の酷さに驚きました!

日本人に対する条件反射の様な侮辱態度と行動は統一教会で教える怨讐を愛する様なものでは有りません!こちらが我慢すれば我慢する程、それが当たり前になり、のぼせ上がるのがバ韓国人でした。

奴らと生活して来て統一教会で教える真の愛とは、日本人を虐めに虐め抜いて朝鮮人が喜ぶ事が朝鮮発祥カルト統一教会の真の愛だとハッキリ知りました。

……だから、日本人統一教会信者でその事を知らない信者は多いから、今尚、これだけ矛盾が爆発していても、勿論、統一教会の洗脳システムは深いから簡単には離教出来ないのだと思います。

……しかし、恨憎侮日朝鮮人血分けカルト教祖文鮮明氏の日韓黄砂縮福なんて、面倒な事ばかりさせる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!