記事一覧

中国崩壊: シリアで壊滅したはずのIS兵士、アフガニスタンへ大量に潜入・・・これって、めっちゃ、ヤバイかも


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成29年(2017)12月30日(土曜日)
        通巻第5561号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 シリアで壊滅したはずのIS兵士、アフガニスタンへ大量に潜入
  パキスタンにもISが潜り込んでテロを準備、これも「アメリカの陰謀」?
****************************************

 アジアタイムズ(12月27日)が大きく伝えている。
 シリアから追い出されたIS兵士のうち「一万人がアフガニスタンに潜入した」というロシア情報筋の最新情報を掲載しているが、人数の検証はされていない。
 ただし、10月にカルザイ元大統領がフランスのメディアとのインタビューで、「アフガニスタンで新しい武装集団があちこちに展開しているが、これはIS兵士とみられる。なぜならアラビックの暗号が解読されたからだ」と発言しているのである。そのうえでカルザイはこう付け足している。
「アメリカ軍はそれを知悉しているが、なんの軍事行動もとっていない」。

 パキスタンのバロチスタンで中国人ふたりが殺害されたように、パキスタンからの分離独立運動が盛ん。ここにISが潜入、あるいは合流の可能性もある。
 となれば、アフガニスタン、パキスタンの治安はまたも乱れ、地域の安全保障が深刻化する。中東の攪乱が南アジアへ移転したことになる。

 となると誰が得するか?
 米国の長期的戦略は、世界秩序の塗り替えを図っている中国との対決である。
 「この仮定を前提とすれば、南アジア情勢の悪化は中国のシルクロート建設に甚大な悪影響を及ぼすだろう」
 したがって、「中国のシルクロード攪乱を狙うアメリカの陰謀が背後にある」などとロシア情報筋は飛躍的な分析を展開している。

 たしかに中東情勢に地殻変動をもたらした「アラブの春」は、オバマ政権下で「薔薇革命」「チューリップ革命」の流れを受けていた。

ヒラリー・クリントン国務長官(当時)らが組み立てたシナリオに基づいてチュニジア、リビア、エジプト。そしてシリアが大混乱に陥った。これらの動きに台本は米国のリベラル派とネオコンの合作だったふしがある。
ところが背後にいたヒラリーは「ベンガジ事件」で躓き、この一連の「アラブの春」運動はエジプトの軍事政権誕生などで頓挫した。

もともとの火元はウクライナだった。伏線としてコソボの独立、旧東欧諸国のNATO加盟という、欧米のリベラルが企図した「民主化」の波が表面の現象だったが、背後にはジョージ・ソロスらがいて、資金を供給した。


 ▼ロシアの反撃は反「アラブの春」に源流がある

 ロシアは焦った。反撃に出たプーチンはクリミアをロシアに併合し、ウクライナ東部を勢力圏としてとどめるための軍事介入を継続した。ジョージアのNATO入りはサーカシビル大統領の野望をくじき、彼はウクライナへ逃亡した。

 米国のネオコンとソロスらが仕掛けたウクライナ民主化運動はヤヌコビッチ大統領をおいだしたものの、その後、内戦状態の手前まで行った。だが、ウクライナのNATO入りは頓挫し、シリアでも空爆に参加したロシアによって、シリア和平の主導権を奪われた。

ところがトランプ大統領は、これらオバマ政権が企図し挫折した状況に無関心であり、その残務処理に極めて消極的で、むしろエルサレムへの大使館移転など、別の方向へ舵を切った。この流れを受けて、イスラム過激派のISがアフガニスタンへの逃亡を図ったとみるのが順当だろう。

 ロシア筋はISの逃亡組がアフガニスタンに一万人も潜入し、一部がバロチスタンにも潜り込んで次のテロ、すなわち「中国の一対一路プロジェクトの周辺国に集中している」とする。

つまり背後にアメリカの陰謀があって、次の標的としていると示唆するわけだが、こうした動きを支持するソロスらリベラル思想はアメリカで退潮気味であり、トランプ政権はむしろ反対の戦略に傾いているのが現実だ。
 以上



狐狸庵の一言


シリアで活動していた「IS」は東方に向かった。
シリアの東方とは、イラク、イラン、アフガニスタン、パキスタン、そして、中国である。
アフガニスタンの北にはタジキスタン、キルギスがあり、これら三国は中国の東部ウイグル自治区と接している。
2016年末、私はウイグル人・ISが約1000人アフガニスタンに潜入し、ウイグル独立のために地下活動をしていることを指摘した。
今後、アフガニスタン、パキスタン、タジキスタン、キルギスでのISの活動は活発化するであろう。中国はこれらの国々に対して経済援助などをして「テコ入れ」をしているが、これらの国々はイスラム教国であり、中国政府が迫害しているウイグル族には同情的である。
日本は中国の軍事的脅威に接しているため、戦術的には敵の敵であるウイグル族、ISと手を組む方が良いのだが、大ぴらにはできない。中国が日本を侵略した場合、後方からウイグル独立のための闘争をしてもらえれば、日本にとっては幸いである。
その為に、日本政府はウイグル独立運動に資金援助をするべきであろう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!