記事一覧

【韓国崩壊】半島有事シミュレーション 米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」

【韓国崩壊】半島有事シミュレーション 米の北攻撃、3月18日以降 「武力行使 条件整っている」・・・産経新聞



 北朝鮮の核・弾道ミサイル排除を目的として、米国は先制攻撃するのか。踏み切るとしたらいつ、どのような形になるのか。海上自衛隊の香田洋二元海将、航空自衛隊の織田邦男元空将が起こりうるシナリオを予測した。



 3つの可能性

 「北朝鮮が本当に核弾頭搭載のミサイルを持って暴れ出したらコントロールできなくなる。それをわれわれは認めますかということですよ」

 こう語る香田氏は、北朝鮮を阻止するため米国が攻撃に踏み切るタイミングとして、3つの可能性を挙げる。

 (1)最短が平昌五輪1カ月前の1月8日までの間(2)3〜4月に予定される米韓合同軍事演習「フォールイーグル」の期間中(3)11月の米中間選を控えた夏-だ。

 織田氏はトランプ米大統領が先制攻撃を決断するとすれば3月18日以降だとみる。この日はロシアの大統領選の投開票が行われる。

 「ロシア大統領選が終わるまで米国は下手に動けない。ロシアがさらに反米・反トランプになる恐れがあるからだ」(織田氏)

 ただ、米国といえども北朝鮮の核開発を阻止するための「予防戦争」は国際法上の制約から難しいとの見方で両者は一致する。あるとすれば、緊急避難的に北朝鮮の脅威を除去する「先制攻撃」だ。もっとも予防戦争と先制攻撃の線引きは、他国から見て曖昧な点があることも事実だ。香田氏は語る。

 「気をつけなければいけないのは、先制攻撃の前提となる『米国に対する攻撃の兆候』を決めるのは米国だということだ」

 北朝鮮が弾道ミサイルに燃料を入れてカウントダウンが始まった段階か、格納庫のドアを開けて移動発射台を搬出した時点か。米国の「決断の時」を予測するのは難しい。米領グアムの領海内にミサイルが誤って着弾し、それを機に米国が自衛権を発動するとの見方もある。

 限定空爆ない

 米国が対北朝鮮攻撃に踏み切る場合、さまざまなオプションが考えられる。

 米軍が昨年4月にシリアに実施したような限定空爆もその1つだが、香田、織田両氏は「あり得ない」と口をそろえる。

 北緯38度線の非武装地帯(DMZ)には北朝鮮が多連装ロケットなどを配備しており、こうした火砲を瞬時に無力化しなければソウルは「火の海」となる。弾道ミサイルや指揮命令系統の破壊も開戦初期の任務だ。圧倒的な航空戦力で北朝鮮を壊滅させる必要がある。

 その準備に約2カ月が必要だとみるのが織田氏だ。

 開戦直後に破壊する北朝鮮の弾道ミサイルや指揮命令系統は約600カ所。1カ所につき戦闘機4機の攻撃が必要として、米空母艦載機が出撃できる回数は1日150回。空母5隻でも必要な出撃回数2400回には届かない。韓国や日本に駐留する米空軍7個飛行隊に「20個飛行隊の増援が必要だ」と織田氏は語る。

 こうした分析は湾岸戦争など米軍が戦ってきた戦争の分析に基づく。

 出撃回数4倍

 香田氏は北朝鮮有事について中東での戦争とは様相が異なるとみている。

 「空軍力の集中はもちろんであるが、北朝鮮に海軍力はほとんどない。空母は通常、沖合200マイルから攻撃するが50マイルまで近づける。そうなると、空母艦載機が出撃できる回数は4倍になる優位性もある」

 湾岸戦争時はスペインとトルコが米戦略爆撃機の上空通過を認めず、米本土から約30時間かけて飛行しなければならなかった。北朝鮮周辺には在韓・在日米空軍基地があり、米空軍は米領グアムにも自由に使えるアンダーセン基地を持つ。

 香田氏は語る。

 「米国が武力行使する条件はもう整っている」

 米軍が北朝鮮を攻撃する場合、約26万人といわれる在韓米国人の非戦闘員退避作戦(NEO)が問題となる。韓国国内には長期・短期あわせると約5万7千人の日本人もいる。有事が不可避となれば、民間航空機で帰国させるが、有事目前に迫るまで韓国国内にとどまる人たちもいる。

 状況が緊迫化し、民間機が運航しなくなるとき、自衛隊の輸送機や艦艇の派遣が不可欠となる。この場合、韓国政府の同意が必要だが、そのメドはたっていない。

 仮に同意が得られたとしても、自衛隊による邦人保護は活動地域での安全確保が条件だ。

 国会審議で「過去、居留民保護の名目の下、軍隊を派遣して戦争に巻き込まれた。自衛隊を海外に派遣すべきでない」との反対があり、結果として「安全が確保される」という条件の下、「邦人輸送」という法案になった。

 NEOの責任者・航空支援集団司令官を務めた織田氏は振り返る。

 「自衛隊は安全が確保されないと行けませんといえるのか。いつも疑問に思っていた」

 自衛隊縛る現実

 NEOなどに加え、米国内での予備役招集が開戦間近の重要なシグナルとなる。織田氏は「ベテランが多い予備役は最強だ。湾岸戦争でもイラク戦争でもそういう動きがあった」と説明する。

 開戦前2週間ほどになれば、一切の情報が外部に漏れない「インフォメーション・ブラックアウト」となるという点で、織田氏と海上自衛隊の香田氏の見解は一致する。

 では、米国は日本に事前に通報するのか。香田氏は「日本にとって非常につらい現実」を語る。

 「ブラックアウトが起きたとき、日本は情報を得られない。憲法があり、いまの安全保障法制の限界なんです。米国は日本に情報提供する義務はない。『ドナルド・シンゾー』の関係で言ってくれるかもしれない。でもそれは実は同盟の枠外です」

 自衛隊が役割を果たすことはあるのか。実際の戦闘が始まれば、自衛隊は警戒監視、後方支援、機雷除去、米兵の捜索救難など多様な任務に当たるとみられる。

 日本の有事一歩手前の「重要影響事態」では活動現場で戦闘が始まれば自衛隊は撤退しなければならない。

 この点について香田氏は「北朝鮮の対艦ミサイルが届かない範囲で十分に活動ができる。海上の後方支援に問題はない」と説明する。

 香田氏が「北朝鮮有事では米国対北朝鮮、韓国防衛のための米韓合同作戦、日本防衛という3つの異なる作戦が行われる」と述べるように、日本国内でも有事は発生し得る。

 織田氏は「日本も特殊作戦の標的になる。潜伏している特殊工作員が在日米軍の活動を邪魔しようとするだろう」と語る。

 地上軍の派遣は?

 米軍が北朝鮮を空爆した後、地上軍を派遣し、DMZを越えて北朝鮮に入ることはあるのか。

 香田氏、織田氏ともに地上軍が北朝鮮を制圧する可能性は低いと考える。中国が介入し、本格戦争に発展する恐れがあるからだ。

 「米国は中国との戦いをやりたくない。そうすると陸上部隊というのは考えない。出口戦略を考え中国と交渉するでしょう。でも、下手をすると米国が攻撃して、(中朝国境を流れる)鴨緑江から人民解放軍が入って後は統治するということもありうるんじゃないか」(織田氏)

 「地上軍が38度線を越えることはないでしょうが、中国軍が鴨緑江を越えるということはこれは明らかなアンバランスです。米国は認めないでしょう」(香田氏)

 日本政府内には米国が地上軍を投入する可能性も捨てきれないとの見方がある。マティス米国防長官は現役将校時代、空爆主体で敵の重要拠点をたたく「効果重視作戦(EBO)」を否定する論文を残している。

 最悪のシナリオ

 米軍による核施設の破壊というハードランディングとは別に、香田氏は別のシナリオがありうると明かす。

 「もしかしたら米国は疲れ果ててアジアに興味をなくすかもしれない。そうなると核を持った北朝鮮が生き残る。中国もやりたい放題になる。最悪のシナリオです。日本としてはこのような環境を作らない努力が絶対に必要なんです」



【プロフィル】香田洋二 こうだ・ようじ 昭和24年、徳島県生まれ。47年、防衛大学校を卒業し海上自衛隊に入隊。第3護衛隊群司令、海上幕僚監部防衛部長、護衛艦隊司令官、佐世保地方総監、自衛艦隊司令官などを歴任し平成20年に退官。現在はジャパンマリンユナイテッド顧問などを務める。



【プロフィル】織田邦男 おりた・くにお 昭和27年、愛媛県生まれ。49年、防衛大学校を卒業し航空自衛隊に入隊。F4戦闘機パイロット、第6航空団司令、航空幕僚監部防衛部長、航空支援集団司令官(イラク派遣航空部隊指揮官)などを歴任し平成21年に退官。現在は東洋学園大非常勤講師などを務める。 
以上




狐狸庵の一言


2日付の韓国各紙は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「新年の辞」演説で2月の平昌冬季五輪に合わせた南北対話に積極的な姿勢を示したことを報じた。期待した人も多いだろうが、残念ながらそうはならない。
本質論に入るが、本来、金正恩が対話を希望しているのはアメリカそれとも韓国なの?
南北の対話には、意味がないのである。この「新年の辞」は米国に対する「世論戦」、「陽動作戦」である。
北朝鮮にとって、核搭載ICBMの完成、核搭載のSLBMの完成によって、始めて対話が可能なのである。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!