記事一覧

【中国覇権】中国:スリランカ、コロンボ沖に軍事目的の人工島・・・インド包囲「真珠の首飾り」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成30年(2018)1月5日(金曜日)弐
        通巻第5568号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 コロンボ沖合の埋め立て、60%が完成と中国
  東京ドーム80個分、最大の人口島に60階高層ビルを三棟
****************************************

 ラジャパクサ前大統領が親中路線を突っ走って決めたことである。
 コロンボ沖に広大な人口島を建設し、そこをシンガポールと並ぶ「国際金融都市」とする。
スリランカの南に位置するハンバントタ港を国際流通ルートのハブとする。

 ちょっと立ち止まって考えればわかることである。他人の領海に人口島をつくって、当該国の経済発展に寄与する? エゴイズム丸出しの国家が何のためにそれほどの犠牲的精神を発揮するのか。
 きっと別の思惑があるに違いないと思いきやハンバントタ港には、はやくも中国の潜水艦が出没し、軍港として活用する中国の本音が露呈した。

 シリセナ新大統領となって、いったんはすべての中国プロジェクトの見直しが発表された。
ところが、契約内容から中国のクレームが続き、もしプロジェクト中断となるとスリランカに膨大な返済義務が生じることが判明した。
 まさに麻生財務相が「AIIBはサラ金」と比喩したように、高金利が追いかけてくる、身ぐるみはがれる仕組みとなっていた。

 不承不承、シリセナ政権は工事の再開を認可し、スリランカ南部に位置するハンバントタ港は熾烈な「反中暴動」が燃え広がったにも関わらず、99年の租借を認可した。同港にはすでに中国海軍潜水艦が寄港しており、近未来にインド洋を扼す地政学的な要衝となるだろう。インドがただならぬ警戒態勢を敷くのも無理はない。

 コロンボ沖合の埋め立て工事は、『ザ・タイムズ・オブ・インディア』(2018年1月4日号)によれば、2018年1月時点で60%が完了し、計画通り、2019年度中には完成するという。

 これは東京ドーム80個分、おおよそ269ヘクタールの人口島を14億ドルかけて造成するプロジェクトで、さら当該島を「シンガポール、香港にならぶ国際的な金融都市にする」。そのために中国は60階建て高層ビルを三棟建設するとした。後者の予算は10億ドル。

 三、四年前に筆者はこの現場で、まだ影も形もない沖合を見た。夕日のきれいな場所で海岸沿いには大統領迎賓館、その裏側が近代的なビルの立ち並ぶ一角であり、海岸線沿いにはシャングリアホテルなどが建設中だった。
 局所的とはいえ、スリランカの発展も迅速である。

 ところで土木工事の常識からみても、海を埋め立てる工事は地盤固めが重要であり、シートパイルの打ち込み、セメントなどの流し込みほかの難題。日本は関空、中部、羽田沖埋め立て工事でおなじみだが、かなりの歳月がかかる。
 中国の工期が早すぎるため将来の人口島の陥没、あるいは沈没が予想されないのか?

 それはともかく海に浮かぶ蜃気楼、例えばドバイは次々と人口の島を作り、モノレールを通してつなぎ、七つ星のホテルも建てて、繁栄の幻に酔ったが、加熱した不動産バブルは一度破産した。
最大の投機集団は中国のユダヤと言われる温州集団だった。 
以上




狐狸庵の一言


インド洋の自由航路は中東からの石油供給ルートとして日本のみならず、東南アジア諸国にとっても国家の生命線である。
この石油ルートの覇権を狙ってきたのが中国であり、そのために各地に軍港を築いてきた。所謂「真珠の首飾り」である。
いつもの様に、表面では「海の一帯一路」と言っているが、実質的には世界覇権の一環である。
中国の海南島の軍港を起点として、モルディブのマラオ、パキスタンのグワーダル、バングラデシュのチッタゴン、ミャンマーのシットウェ、ケニアのラム、スリランカのハンバントタ・・・などに港を持つ。

ご存知の様に、中国は過剰生産した鉄鋼、セメントを使って、南シナ海では各所に軍事拠点としての人工島を築いた。既に、滑走路、ミサイル基地などもある。
ベトナム中部沖に位置するパラセル諸島(中国名、西沙諸島)、フィリピンに近いスカボロー岩礁(黄礁)、スプラトリー諸島(南沙諸島)などは知られているが、他にも、実効支配しているスビ礁、ファイアリー・クロス礁、 クアテロン礁、ミスチーフ礁、ヒューズ礁、 ジョンソン南礁、ガベン礁の7つの岩礁と干潮時に砂州が現れるエルダド礁(安達礁)などがある

多くの学者、評論家たちは中国の南シナ海での軍事目的とした人工島建設は石油ルート遮断が目的だと言う。
それだけではない。私の見解では一つは、ベトナム包囲網である。ベトナムの北は中国であり、西側には親中のラオス、カンボジアがあり、南には親中のシンガポールがある。そして、東側には中国が築いた人工島である。二つ目は、海南島の軍事基地防衛である。三つ目は台湾、ベトナム、フィリピン、ブルネイ等の分断工作である。四つ目は台湾の孤立化である。そして、それは日本の東南アジアからの孤立化でもある。それに加えて、米国からの南シナ海防衛もある。

更に、ここにはアメリカの陰謀もある。「自由航行」と言っておきながら、中国のやりたい放題に放置していることである。
では、何故か?その目的は竹島のように「係争地」として残しておくことである。残しておくことで、米国の利益になるからである。
将来的に、米国の政治的、軍事的介入の余地を残しておくことと、武器輸出である。
アメリカを信じてはいけない。信じた振りをするだけで良い。アメリカはいつでも都合が悪くなれば裏切る国である。
それが残念ながら外交である。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 



















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!