記事一覧

【中国覇権】 尖閣で監視活動、中国海警局が軍指揮下に移行か・・・尖閣の強奪近し!

【中国覇権】 尖閣で監視活動、中国海警局が軍指揮下に移行か・・・読売新聞


 【北京=竹内誠一郎】沖縄県・尖閣諸島がある東シナ海などで監視活動を行っている中国海警局(海上保安庁に相当)が、中国軍の指導機関・中央軍事委員会の指揮下に移されるとの観測が浮上している。

 海警局の母体の一つである武装警察部隊(武警)が1日から中央軍事委直属に改編されたことに伴うもので、同局公船による尖閣周辺での「パトロール」が「準軍事行動」(香港紙)に位置づけられるとの見方も出ている。

 習近平(シージンピン)国家主席は10日、軍トップの中央軍事委主席として武警の王寧司令官に緑色の3本の線をあしらった部隊旗を授与した。武警は改編前までは中央軍事委と公安省の二重の指揮下に置かれていた。中国国防省の報道官は、武警が今後、「海上での主権維持と法執行」など三つの主要任務を担うことになると説明した。 
以上



狐狸庵の一言


中国海警局は海上保安庁に相当する。つまり、もし、双方で事件が起きれば日本は警察の出番である。
しかし、中国海警局が、中国軍の指導機関・中央軍事委員会の指揮下に移されると、自衛隊の出番になる。
現在、憲法改正論議がされようとしているが、現在の憲法下では自衛隊の交戦権はない。自衛隊は中国軍とは戦えないのである。もし、尖閣で中国軍との交戦になれば、自衛隊は憲法違反になるであろう。その改憲論議に入るまでの空白を突いて、中国は尖閣を強奪するようだ。日本は自衛権を行使出来るだろうか?
自衛権の行使が出来ない戦術に出られると、尖閣は奪われる。そして、次は沖縄である。
朝鮮半島有事と絡み、中国は着々と尖閣諸島強奪に準備を進めている。
流石は中国。抜け目がない。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!