FC2ブログ

記事一覧

【中国崩壊】王岐山(火消し請負人)を国家副主席へ選出。対米交渉のトップへ

【中国崩壊】王岐山(火消し請負人)を国家副主席へ選出。対米交渉のトップへ
米中貿易戦争は「破局」。中国は対米交渉陣を立て直しへ
・・・・宮崎正弘氏のブログより


 トランプが発動した中国製鉄鋼、アルミ製品への25%、10%課税に引き続き、知的財産権の侵害による損失を見積もり、IT製品などへ報復関税をかける旨を発表した。これはトランプの対中貿易戦争宣言に等しい。

 慌てた中国は「米中貿易戦争は破局でしかない」として、急遽、劉鶴と楊潔チを米国に派遣したが、冷遇された。
 いまの米国内の雰囲気は中国敵視である。

中国は虎の子の米国輸出急減を恐れ、対米交渉陣の立て直しを意図して、開催中の全人代で明日17日、「待望の」王岐山(「火消し請負人」という異名をとる)を国家副主席へ選出し、以後。対米交渉のトップに据える。現国家副主席の李源潮は引退へ追い込まれる。李源潮は江蘇省書記を経て、政治局員だったが、第十九回党大会で外され、団派としては胡春華に託するしか選択肢はなくなった。王洋は政治協商会議主席という閑職に回された。

数年前から米国は連邦政府職員ならびに連邦政府の施設での華為技術(ファウエイ)製品使用を禁止してきた。さらに先週、この華為技術を取引関係が深く、「中国の代理人」の疑いの濃いブロードコムの米社クアルコム買収を「国家安全保障」を理由に拒否した。

米中貿易戦争を予測するウォール街では連日株価下落に見舞われているが、トランプは反ウォール街の騎手ラリー・クロドーを大統領国家経済会議委員長に選出し、ティラーソン国務長官も解任して対中対決の姿勢を鮮明にしたばかりである。
以上



狐狸庵の一言


ついに、王岐山が国家副主席になる。
王岐山は習近平の懐刀であり、彼の終身独裁体制を作った立役者でもある。
私個人としては、最も恐ろしい人物が政権内に戻ったと思っている。
王岐山は中国共産党中央規律検査委員会書記として辣腕を振るい、習近平の政敵を殆ど粛清した。
その功労によって、本来ならば定年になる所を国家副主席に抜擢したとみる向きもあるが、私はそうは思わない。
寧ろ、最も危険な人物であり、自分の弱点を知られているゆえに、習近平は名誉職としての副主席という地位を与えて自分の傍に置いたのである。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!