FC2ブログ

記事一覧

金正恩氏、非核化に条件=習主席と初会談「段階的措置で解決」-中朝相互訪問で一致

金正恩氏、非核化に条件=習主席と初会談「段階的措置で解決」-中朝相互訪問で一致
時事通信



 【北京、ソウル時事】中国外務省は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中し、26日に習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談したと発表した。金氏は、4月末以降に行う南北・米朝の首脳会談に言及した上で、「(米韓が)われわれの努力に善意で応え、平和実現に向けて段階的で歩調を合わせた措置を取るなら、半島非核化問題は解決できる」と述べ、非核化実現に向けた条件を付けた。北朝鮮は、体制保証のほか、米韓合同軍事演習中止や制裁解除といった敵視政策の撤回などの要求を突き付けるとみられる。

 金氏が中国との関係改善を急いだのは、「後ろ盾」を確保して米韓との交渉を有利に運びたい思惑がある。このため習氏に「戦略的連携を強化し、対話の勢いと半島の平和安定を維持したい」と求めた。

 金氏は2011年末に最高指導者の座を継承して以来、初の外遊先として特別列車で25~28日に訪中。習氏は会談で「今回の訪中は時機が特別で意義は重大だ」と述べ、「(首脳の)相互訪問や特使派遣を通じた連携保持」を提案すると、金氏も賛同するなど冷え込んだ中朝関係の改善で一致した。朝鮮中央通信によると、習氏は金氏からの訪朝招請を受諾したという。

 金氏は会談で「祖父の金日成主席と父親の金正日総書記の遺訓により非核化実現に尽力することはわれわれの終始変わらない立場だ」と強調。さらに南北関係を「和解と協力の関係に変えることを決意した」と訴えるとともに、「米国と対話し、朝米首脳会談を行いたい」とトランプ大統領との会談に臨む決意を伝えた。習氏は「中国は建設的な役割を続け、半島情勢が緊張緩和に向かうよう各国と共に努力したい」と応じた。

 会談後に夕食会が開かれ、両首脳の夫人のほか、中国側は李克強首相や王岐山国家副主席も出席する厚遇で迎えた。金氏はあいさつの中で「朝鮮半島情勢に空前の巨大な変化が起きている」と述べた。

 中国中央テレビは28日午前、約15分間にわたり金氏の訪中を詳しく伝えた。会談中の映像は音声がなく、人民服を着た金氏が、やや緊張した表情で手元の紙を見ながら発言した。27日に金氏が北京を去る際も習氏と固く握手した。 
以上



【北朝鮮情勢】北朝鮮・寧辺の軽水炉が試験運用開始か、隣接の黒鉛減速炉も 核兵器用プルトニウムの製造加速か
産経新聞




 【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は27日、北朝鮮・寧辺の核施設にある実験用軽水炉(ELWR)の試験運用が始まった兆候が確認されたとする、商業衛星写真に基づく分析を伝えた。

 同紙によれば、同軽水炉は25〜30メガワットの発電能力があり、既に送電網に接続されているとみられる。

 北朝鮮は「民生用」と説明しているが、米政策研究機関「科学国際安全保障研究所」(ISIS)は年間約20キログラムの兵器級プルトニウムを生産する能力があると分析。これは、これまで北朝鮮の核兵器製造に活用されてきた別の大型原子炉の4倍以上の生産能力に達するという。

 寧辺では今月初旬、同軽水炉に隣接し、黒鉛減速炉(5メガワット)が稼働を続けている形跡があることも判明し、兵器級プルトニウムの生産を再開した可能性があるとみられている。

 トランプ政権は、5月までに実施が見込まれる米朝首脳会談で北朝鮮の「完全核放棄」を迫る方針。しかし、北朝鮮による一連の原子炉の稼働は、北朝鮮が米朝会談を受けて核・弾道ミサイル実験の凍結を表明したとしても、その後の非核化交渉の間に引き続き兵器級プルトニウムを生産し続ける恐れがあることを意味し、トランプ政権としては北朝鮮による「時間稼ぎ」に警戒を強めていくのは確実だ。
以上



狐狸庵の一言


北朝鮮主導による朝鮮半島統一が見えてきたように思える。お父様の願いとは真逆である。
即ち、韓国の崩壊と地上からの消滅であろうか?




にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!