記事一覧

人民元、国際化は遠くなりにけり。 MSCI(モルガン新興国株指数),三たび中国A株の参入を拒否。

宮崎正弘氏のメルマガより転載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成28年(2016)6月17日(金曜日)
          通算第4940号 <前日発行>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 人民元、国際化は遠くなりにけり
  MSCI(モルガン新興国株指数),三たび中国A株の参入を拒否
****************************************

 6月15日、MSCIは三度目になるが、中国A株の指数参入を見送ると発表、中国為替市場はぐらり人民元下落に傾き、当局は人民元買い支え、ドル売り介入に入った。中国市場はこれを「MSCIショック」と名付けた。

 MSCIは中国語で「魔根指数」もしくは「大魔指数」と呼び、権威付けと国際化の象徴として中国がどうしても参入を欲していたが、2014年以来、三回連続で冷たく見送られた。(モルガンスタンレーは中国語で「魔根士丹利」と書く)。

 「市場に透明性が稀薄」、「市場の整備が遅れている」、「投資家の利益を条件的保証されていない」、「利益の外国送金が規制されている」「証券市場への規制が前近代的」などと理由を挙げて、見送りの理由とした。
 つまり中国の金融制度改革は見せかけと示唆しているわけである。

 中国のA株とは、上海で取引されている中国企業の株式を指し、MSCIは、アジア等の主要株式を含めてひろく構成する「新興国株指数」とされる。

中国にとっては10月の人民元のIMF、SDR入りを控え、この指数に算入されなかったという事実は、国際化のさらなる遅れを意味し、金融改革がまだまだ国際的基準からはほど遠い現状をサラされたかたちとなった。


よろしかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!