記事一覧

米・韓、新型迎撃ミサイル THAAD 配備を決定=北朝鮮に対抗、中国反発

米・韓は新型迎撃ミサイルTHAAD の配備を決定した=北朝鮮に対抗、中国反発
この米・韓の決定によって、軍事バランスは大きく変わったが、中国は次の対抗策を打ち出してくるだろう。
ただ、心配なのは、「遅くとも来年末には実戦運用を開始する方針。」ということである。既に、北朝鮮は中距離弾道ミサイル「ムスダン」の実験を何度も行い、その都度性能が上がっている。東シナ海、南シナ海での中国の挑発は何度も起きており、いつ戦争が起きてもおかしくないという状況である。当然戦争を始める時は、自己が有利な条件、立場にある時だ。


米韓両政府は8日、共同声明を出し、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗するため、在韓米軍への地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を正式決定したと発表した。候補地選定に関しては最終段階にあり、「迅速に配備できるよう緊密に協議している」と強調した。遅くとも来年末には実戦運用を開始する方針。

 中国はTHAADに対して、「安全保障上、懸念がある」と強く反対している。配備決定を受けて反発を一層強めており、米韓との関係が冷却化する可能性もある。

 米韓は今年3月、配備に向けた公式協議を開始した。北朝鮮が4月以降、中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられる発射実験を繰り返し、一定の性能を示したため、配備に向けた協議を急いだとみられる。

 米韓の共同声明は「北朝鮮の核実験や、最近の中距離弾道ミサイル発射を含む多数のミサイル試射は、韓国やアジア太平洋地域の安保、安全に対する重大な脅威だ」と非難した。また、中国の反発を考慮し、「(THAADは)第三国を念頭に置いていない」と強調した。


宜しかったら、クリックを!


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!