記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の挑発が最高の水準になった。中国、尖閣での法執行規定 刑事罰明文化 日本船「摘発」根拠に:

中国、尖閣での法執行規定 刑事罰明文化 日本船「摘発」根拠に。 (産経新聞より転載)


これは、いったい何を意味するのか???日本人も韓国人も中国と戦争をする覚悟を持つ時が来たと言うことである。
今まで、中国は日本に対して挑発を続けて来た事は、皆さんも御存知であろう。しかし、日本の海保、空自は中国の挑発には乗ってこなかった。しかし、今回の「尖閣での法執行規定 刑事罰明文化 」は中国の挑発の国内法による正当化である。
もっと明確に言うと、今、海保の船が尖閣諸島周辺で警備しているが、<中国の「管轄海域」で日本の海保の船が領海侵入をした場合に刑事責任を追及できる「規定」を定めた。>と言う事である。日本からすれば、日本の領海だが、中国も自国の領海であると主張しているのである。ここまで来れば、中国は海保の船を砲撃し沈めることが国内法によって正当化出来るのである。
私がもう一つ危惧することは、中国の尖閣諸島侵略、沖縄の侵略に連動して北朝鮮が韓国を侵略することである。
また、その逆もある。北朝鮮の韓国侵略を契機に連動して中国が尖閣・沖縄、日本本土に侵略することである。



以下、産経新聞より、
 中国の最高裁に当たる最高人民法院は今月1日、中国の「管轄海域」で違法漁労や領海侵入をした場合に刑事責任を追及できるとする「規定」を定めた。最高人民法院が海洋権益に関し具体的な条文で司法解釈を定めるのは初めて。規定の施行以降、中国は自国領海と主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での公船の活動を活発化させており、日本の排他的経済水域(EEZ)で公船から乗組員が中国漁船に行き来する「法執行」とみられる行動も確認されている。海事関係者は、背景に規定の施行があるとみて注視している。(加藤達也)

 最高人民法院が示したのは、「中国の管轄海域で発生する関係事案審理における若干の問題に関する最高人民法院規定(1)」と「同(2)」。今月2日に施行された。中国の海域での違法行為の内容と管轄権や違反の事例を詳細に示し厳格な法執行を明記している。

 条文では海上の自国領域での環境汚染や、シャコやサンゴなどの生物、資源の違法採取を厳重に刑事処分することを強調した上で、「ひそかに国境を越えて中国領海に違法侵入」し「域外への退去を拒む」場合などに厳罰を科すことができるとしている。規定が適用される「管轄海域」については、「内水、領海、接続水域、EEZ、大陸棚」などとしている。

 中国は尖閣諸島について日本の領有を認めず、自国領域と主張している。大陸棚についても沖縄トラフを含むとしており、今回の規定で、中国国内法上は、尖閣を含む日本側の領域で日本人漁師などを中国側公船が摘発することを正当化した形だ。今後、同諸島周辺で規定などを根拠に「不法侵入」などとして日本人を身柄拘束する可能性をちらつかせることで、日本側を牽制(けんせい)する意図があるとみる政府関係者もいる。

 最高人民法院は今年3月の全国人民代表大会(全人代)で、尖閣諸島近海での「司法管轄権」の明確化を主張し、「海事司法センター」創設を宣言。中国側は尖閣を含む日本領海内での法執行を正当化する国内根拠を積み重ねてきた。

 中国の海洋進出に詳しい東海大学の山田吉彦教授は「中国側は尖閣諸島を自国領土と主張しており、規定は中国の国内法で、中国公船による日本領海内の法執行に法的根拠が存在することを示し、積極的な執行を促す意図がうかがえる。日本側は日本船の拿捕(だほ)、拘束などあらゆる事態に警戒すべきだ」と話している。
(以上)


宜しかったら、クリックを!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

米国と中国 

米国の経済崩壊の実情から見て米国の国力の弱体化により中国を牽制できなくなった。
世界の警察官と自称していた米国の国力の弱体化は今後益々内部崩壊へと向かっていくことを懸念します。そのような米国の力不足を中国は重々承知の上で東シナ界問題 尖閣諸島問題 沖縄問題と中国の領土とみなし、国際社会を巻き込み堂々と実行支配に乗り出してきます。米国は日本との安保協定が存在しても、現在の米国の力量では、手も足も出ないというのが現状でしょう。中国は今後益々東アジアを我が物顔で実行支配の影響力を増していくと思われます。米国の属国である日本は哀れにも、中国と米国の狭間でそれぞれに牽制支配されて国力を失い、へたをすると米国と中国の属国として二分化されていくことさえも現実未を帯びてきている昨今です。この現実を現在の政治家は把握していると思われます。政治家でさえこの日本の未来に対して公人としての責任を負える力量のある政治家を見出すことはできない現実があります。日本の未来を危惧してみています

Re: 米国と中国 

家庭訓読教会 様
コメントをありがとうございます。
貴兄のコメントについて初めから最後まで賛同致します。全く貴兄の仰る通りです。食口の皆様が貴兄の様に現状を認識してもらえたらどれ程嬉しい事でしょうか。私が「狐狸庵3」と言うブログを立ち上げたのは、まさにこの目的なのです。一人でも多くの食口の皆さんに戦争と言う危機が迫っていることを知らせたかったのです。ですから、投稿記事のほとんどは国際情勢と中国の危機を一貫して書いて来ました。実際、私は既に、日本を2008年に脱出しました。現在、フィンランドに在住しています。(必ずしも、フィンランドも安全とは言えないのですが・・・)知人、友人達には別の理由を説明していますが、フィンランド移住の本当の理由は戦争の危機を感じたからです。ですから、貴兄も脱出の準備はされた方が良いでしょう。パスポート、お金・・・脱出先を決めておくことをお勧めします。

中国が日本を侵略すると言っても、直ぐには出来ません。先ず、尖閣、沖縄侵略です。陸続きであれば、人海戦術で一気に侵略されますが、中国の海軍力、漁船団を使っても何十万人と言う大量の軍人を日本に送る事は困難です。その間、米軍や海自は戦艦、潜水艦で応戦すれば、中国は戦争の継続は困難になるでしょう。この時、つまり、中国が尖閣、沖縄を侵略した時に日本を脱出して頂きたく思います。また、この時には、在日米軍は沖縄に釘付けされるでしょう。その間隙を縫って、北朝鮮が韓国侵略するでしょう。1950-53年の朝鮮動乱で北朝鮮が負けたのは在日米軍があったからです。先日の北朝鮮によるミサイル発射により、秋田県沖250kmに着水しました。しかし、その延長線上にあるのは青森県にある三沢基地です。この三沢基地から米軍の偵察機が北朝鮮に行くからです。

中・朝は仲が悪いと一般的には言われますが、決してそうではありません。昨年から今年に中・朝の軍幹部がそれぞれの国を訪問しています。北朝鮮軍のトップ、金正恩の最側近が中国を訪問し、習近平と会談しています。
ここで重要な事はロシアの動向です。安倍首相は中・朝とロシアを分断しようとしています。しかし、ロシアは反米ですから、予断は許しません。
北朝鮮が韓国を侵略した場合、難民が日本に入ってきます。ここで残念なのは、お母様が麗水の造船所を手放したことです。(私の記憶では?)これは、お父様が戦争が起きた場合の準備だと私は理解していました。勿論、パンタナールも食口の亡命先の準備だと理解しています。
長々と書いてしまい申し訳ありません。

Re: Re: 米国と中国 

> 家庭訓読教会 様
> コメントをありがとうございます。
> 貴兄のコメントについて初めから最後まで賛同致します。全く貴兄の仰る通りです。食口の皆様が貴兄の様に現状を認識してもらえたらどれ程嬉しい事でしょうか。私が「狐狸庵3」と言うブログを立ち上げたのは、まさにこの目的なのです。一人でも多くの食口の皆さんに戦争と言う危機が迫っていることを知らせたかったのです。ですから、投稿記事のほとんどは国際情勢と中国の危機を一貫して書いて来ました。実際、私は既に、日本を2008年に脱出しました。現在、フィンランドに在住しています。(必ずしも、フィンランドも安全とは言えないのですが・・・)知人、友人達には別の理由を説明していますが、フィンランド移住の本当の理由は戦争の危機を感じたからです。ですから、貴兄も脱出の準備はされた方が良いでしょう。パスポート、お金・・・脱出先を決めておくことをお勧めします。
>
> 中国が日本を侵略すると言っても、直ぐには出来ません。先ず、尖閣、沖縄侵略です。陸続きであれば、人海戦術で一気に侵略されますが、中国の海軍力、漁船団を使っても何十万人と言う大量の軍人を日本に送る事は困難です。その間、米軍や海自は戦艦、潜水艦で応戦すれば、中国は戦争の継続は困難になるでしょう。この時、つまり、中国が尖閣、沖縄を侵略した時に日本を脱出して頂きたく思います。また、この時には、在日米軍は沖縄に釘付けされるでしょう。その間隙を縫って、北朝鮮が韓国侵略するでしょう。1950-53年の朝鮮動乱で北朝鮮が負けたのは在日米軍があったからです。先日の北朝鮮によるミサイル発射により、秋田県沖250kmに着弾しました。しかし、その延長線上にあるのは青森県にある三沢基地です。この三沢基地から米軍の偵察機が北朝鮮に行くからです。
>
> 中・朝は仲が悪いと一般的には言われますが、決してそうではありません。昨年から今年に中・朝の軍幹部がそれぞれの国を訪問しています。北朝鮮軍のトップ、金正恩の最側近が中国を訪問し、習近平と会談しています。
> ここで重要な事はロシアの動向です。安倍首相は中・朝とロシアを分断しようとしています。しかし、ロシアは反米ですから、予断は許しません。
> 北朝鮮が韓国を侵略した場合、難民が日本に入ってきます。ここで残念なのは、お母様が麗水の造船所を手放したことです。(私の記憶では?)これは、お父様が戦争が起きた場合の準備だと私は理解していました。勿論、パンタナールも食口の亡命先の準備だと理解しています。
> 長々と書いてしまい申し訳ありません。

核で終わる

米は中国全省にそれぞれ核爆弾を落とせる準備ができている.

Re: 核で終わる

> 米は中国全省にそれぞれ核爆弾を落とせる準備ができている.

木 様

コメントをありがとうございます。
仰る通りだと思います。米は能力もあり、準備が出来ていると思います。
しかし、核爆弾を持っていても、準備が出来ていても、使用する為の最も重要な「大義名分」と「米国民の世論形成」がありません。ですから、現段階では「牽制」だけです。もし、米国が「大義名分」もなく中国全省に核爆弾を落としたら、米政府は米国民からはもちろん、全世界から激しく非難されるでしょう。
北朝鮮を見て下さい。北朝鮮の大陸弾道弾ミサイル、潜水艦ミサイル(SLBM)は明らかに米国に対するものですから、米国としては、既に、北朝鮮を攻撃するための「大義名分」を持っています。しかし、米国は躊躇しています。
一つの理由は大統領がオバマだからです。ノーベル賞をもらい、彼は優柔不断であり、核使用に反対しています。また、米国は北朝鮮を攻撃する場合、確実に全ての核施設を破壊しなければなりません。しかし、まだ、全ての核施設の所在を把握していません。最近では、北朝鮮軍が移動式の核ミサイルを所有しているために、益々、その所在を把握する事が困難になっています。


上記の記事で、現在出来る事は中国の裁判所の決定を無効にし、相殺することです。中国の最高人民法院の決定はあくまで国内法です。また、尖閣にも適用されます。日本政府は法案にするには時間が無いので閣議決定によって、「尖閣諸島および沖縄諸島は日本固有の領土であり、日本の国内法の及ぶ所であり、諸外国の国内法の及ぶ所ではない。また、日本は国際法、国際海洋法を遵守するものである。」と国内外向けに大きく発表するのです。そして、これを9月4日ー5日のG20で発表するのです。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2000green

Author:2000green
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。